ニュース
» 2018年07月09日 05時00分 公開

7月14日発売『週刊少年ジャンプ』は創刊50周年記念特大号! 『こち亀』復活、久保帯人先生の新作読切が掲載

表紙から特別感あふれる豪華仕様です。

[宮原れい,ねとらぼ]

 2018年7月に創刊50周年を迎える『週刊少年ジャンプ』は、7月14日発売の33号を「創刊50周年記念特大号」として豪華企画を予定していることを発表しました。本日発売の『週刊少年ジャンプ』32号で情報が掲載されています。


週刊少年ジャンプ 33号 創刊50周年記念特大号 7月14日発売の『週刊少年ジャンプ』33号 (C)週刊少年ジャンプ2018年33号/集英社

 創刊50周年記念特大号となる『週刊少年ジャンプ』33号では、現在連載中の作家による「歴代ジャンプ作品の好きなキャラクター」と「自身のキャラクター」を並べた描き下ろしが表紙を飾っており、例として『ONE PIECE』の尾田栄一郎先生が、『DRAGON BALL』の孫悟空とルフィが肩を組む姿を描き下ろしています。なお表紙は折り返し仕様で、めくると多くのキャラクターが現れます。

 表紙を描いた作家たちは、描いたキャラクターへの熱い思いがこもったコメントを寄せていて、それも同誌で公開されます。


週刊少年ジャンプ 33号 創刊50周年記念特大号 尾田栄一郎先生が描く孫悟空&ルフィ……! (C)尾田栄一郎/集英社

 また『こちら葛飾区亀有公園前派出所』が2017年9月以来に復活し、センターカラーで登場(関連記事)。さらに『BLEACH』久保帯人先生の新作読み切り漫画『BURN THE WITCH』が、異例の62ページという大ボリュームで掲載されます。

 そしてレジェンド作家同士による初の対談企画として、鳥山明先生と井上雄彦先生が「ジャンプ」について連載当時の思い出や作品に対する思いを語る、スペシャル対談も6ページにわたって掲載。


週刊少年ジャンプ 33号 創刊50周年記念特大号 久保帯人先生の新作『BURN THE WITCH』 (C)久保帯人/集英社

 巻末には、とじ込み付録として表紙の歴史を振り返る「歴代ジャンプ表紙ギャラリー」小冊子や、歴代連載作家97人が寄せる「歴代漫画家特別コメント集」が。また連載陣がオリジナルで作った「ジャンプ海賊マーク」が作品のどこにあるかを探して応募するプレゼント企画もあり、抽選で世界に一枚の「歴代漫画家直筆サイン色紙」をはじめとする記念品が当たります。


週刊少年ジャンプ 33号 創刊50周年記念特大号週刊少年ジャンプ 33号 創刊50周年記念特大号週刊少年ジャンプ 33号 創刊50周年記念特大号 それぞれ特徴的なオリジナルの「ジャンプ海賊マーク」 (C)空知英秋/集英社 (C)古舘春一/集英社 (C)堀越耕平/集英社

総勢110作家・101枚の「歴代漫画家直筆サイン色紙」一例


週刊少年ジャンプ 33号 創刊50周年記念特大号週刊少年ジャンプ 33号 創刊50周年記念特大号週刊少年ジャンプ 33号 創刊50周年記念特大号 (C)尾田栄一郎/集英社 (C)バードスタジオ/集英社 (C)荒木飛呂彦 & LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社

週刊少年ジャンプ 33号 創刊50周年記念特大号週刊少年ジャンプ 33号 創刊50周年記念特大号 (C)桂正和/集英社 (C)許斐 剛/集英社

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう