ニュース
» 2018年07月09日 17時08分 公開

高校生を対象としたeスポーツ大会「全国高校eスポーツ選手権」開催 主催は毎日新聞社

eスポーツ部の発足支援プログラムも発表。

[ねとらぼ]

 毎日新聞社とサードウェーブは、全国の高校生を対象としたeスポーツの大会「全国高校eスポーツ選手権」を開催すると発表しました。同時にeスポーツ部の発足支援プログラムも発表されています。


全国高校eスポーツ大会 主催 毎日新聞社

全国高校eスポーツ大会 共催 サードウェーブ

 eスポーツのムーブメントを日本にも広く浸透させ、新しい文化として定着させるため、ゲーミングPCブランドを持つサードウェーブと毎日新聞が協力し行うプロジェクト。その第1弾として、eスポーツを部活動として楽しむ高校生が増えることを目的として、全国高校eスポーツ選手権を開催します。

 採用タイトルは「リーグ・オブ・レジェンド」が発表されている他、その他のタイトルは後日発表予定。エントリー受付は9月から12月上旬まで。オンライン予選は12月下旬から行われる予定で、オフラインの決勝戦は2019年3月下旬に都内の会場で行われます。

 開催にあわせて、サードウェーブは大会エントリーを条件にゲーミングPCを無償レンタルする「eスポーツ部発足支援プログラム」が発表。先着申し込み100校に対し、デスクトップPC「GALLERIA GAMEMASTER」(24インチワイドディスプレイも付属)もしくはノートブック「GALLERIA GCF1060TGF-E」が貸し出されます。このプログラムへの申込み方法や条件は8月ごろの発表を予定しています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう