ニュース
» 2018年07月09日 18時54分 公開

広島県警「デマ情報に惑わされないで」 “窃盗グループが被災地に入っている”などのデマについて注意喚起

災害のたびに繰り返し拡散されている典型的なデマです。

[ねとらぼ]

 西日本で記録的な被害をもたらしている豪雨に関連し、広島県警察は7月9日「デマ情報に惑わされないで!」とするビラをTwitter上で公開し、注意喚起を行っています。

広島県警「デマ情報に惑わされないで」 “窃盗グループが被災地に入っている”などのデマについて注意喚起 緊急時こそ冷静な行動を

 広島県警は「現在、SNSなどで『レスキュー隊のような服を着た窃盗グループが被災地に入っている』『犯人が載っている車は○○で、ナンバーは○○○○』などといった情報が拡散されていますが、警察ではそのような事実は把握していません」と、デマを例示。

 被災地を狙った盗難被害には十分注意するように呼びかけつつも、デマの可能性がある場合は情報の発信元を確認し、不確定な情報をSNSなどで拡散しないように、冷静な行動を呼びかけています。

広島県警 冷静に行動するために――

  • 被災地を狙った盗難被害には十分に注意してください。
  • デマ情報(フェイクニュース)の可能性が疑われる場合は、情報の発信元を確認しましょう。
  • 不確定な情報をSNSなどで拡散させないでください。
  • 不確定な情報に惑わされることなく、冷静な行動に努めましょう。

 また岡山県警察も公式Facebookで「災害に乗じて、インターネット上で様々な情報が流れていますが、警察では、被災地に警察官を増強派遣して、パトロール活動をしていますので、ご安心ください」と呼びかけています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう