ニュース
» 2018年07月10日 23時30分 公開

タイ洞窟の少年ら、全員救出 行方不明から18日目

よかったー!

[ねとらぼ]

 タイ・チェンライ郊外の洞窟に閉じ込められていたサッカーチームの少年12人とコーチ1人の救出が7月10日に完了しました。行方不明から18日目の奇跡的な生還です。

タイ洞窟の少年ら、全員救出 行方不明から18日目 発見されたときの様子(タイ海軍公式Facebookより

 少年らは6月23日、練習後に洞窟探検を開始。その後洞窟が大雨により浸水したため、取り残されたまま出られなくなっていました。

 少年らは行方が分からなくなってから10日目の7月2日、捜索にあたっていたダイバーにより洞窟内で発見されました。しかし浸水した洞窟を通過するのは熟練のダイバーにとっても危険を伴うものでした。浸水部分の水は濁っており視界が悪く、中には通路が数十センチしかないか所もあり、少年ら13人が発見された後も救助は難航しました。

 6日には救助にあたっていた元タイ海軍のダイバー サマン・グナンさんが作業中、酸欠のため亡くなる事故が発生。その後もタイ国内外のダイバー90人体制での救助作業が進められ、8日夕方には少年4人が救助。そこからさらに2日をかけ、残りの9人が助け出されました。

 少年らの救出を巡っては、実業家のイーロン・マスクさんによる救助用の小型潜水艦の開発や、FIFAがサッカーワールドカップ決勝戦のチケットを13人分用意する準備があると公表するなど、世界中から注目が集まっていました。

 タイ海軍は公式Facebookで「これが奇跡なのか、科学によるものなのかは分かりません。(サッカーチーム)Wild Boarsの13人は全員、洞窟の外にいます」と、長期に渡った救助活動が無事終わったことを伝えています。

タイ洞窟の少年ら、全員救出 行方不明から18日目 多くの人達が命がけで救助にあたったおかげです

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう