ニュース
» 2018年07月11日 12時40分 公開

水害でぬれた古い記録、あきらめて捨てないで――岡山の歴史資料保全団体が応急処置方法を周知

防カビのため消毒や乾燥などを施したうえで、連絡・相談してほしいとのことです。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 西日本に大きな被害をもたらした大雨は、人や家屋だけでなく、古文書や古書、日記などの貴重な歴史資料にまで被害を及ぼしているおそれがあります。事態を受けて、ボランティア団体の岡山史料ネットはTwitterで民間所在の資料の保全を呼びかけました。


岡山史料ネット 紙くずのように見えるものでも、実は貴重な歴史資料である場合がよくあるので、捨ててしまう前に確認してほしいとのこと

 災害から歴史資料を守る活動をしている同団体は、水にぬれた資料の応急処置方法も紹介しています。「冊子は無理にこじ開けない」「天日やドライヤー等で急激に乾かさない」としたうえで、ライフラインの状況が許す範囲内で処置してほしいと説明しています。


岡山史料ネット 応急処置をしたうえで、同団体など専門家に相談を

 水でぬれた資料の場合は防カビのため、消毒用エタノールを噴霧(可能であれば1日1回)。通気性の良い場所で陰干しをして乾かします。キッチンペーパーではさんで吸水させる方法もあるとのことです。

 資料が泥までかぶってしまっている場合は、大きな泥の固まりなどを落として消毒用エタノールを噴霧。そのままの状態でビニール袋に入れ、専門家と相談してほしいとのことです。なお、可能であれば、冷凍庫で凍結させるのがベストな防カビ対策だそうです。

 どの方法も簡単な応急処置なので、完全な修復には専門家の手が必要。岡山史料ネットでも相談を受け付け、資料の整理や一時保管などの対応をしています。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう