ニュース
» 2018年07月16日 17時45分 公開

かすかな揺れを事前にキャッチ? 地震をいち早く察知するネコたちが海外で話題に

猫たちの動きに注目です。

[k村,ねとらぼ]

 6月18日の7時58分ごろに発生した、近畿地方を中心に最大震度6弱を観測した地震(関連記事)。 その時に撮影された猫たちの動画が「猫たちは地震が来ることにいち早く気付いている」と海外でも話題になっています。



 和歌山県にある猫カフェ「キャッチー」の防犯カメラで撮影された動画は、朝のまどろみの中、思い思いにリラックスした姿の猫たちの姿から始まります。


ALT まったりしている猫たち

 しかし、動画左上に表示された時刻 午前7時58分49秒あたりから、カタっという音とともに猫たちの表情がいっぺん。いっせいに驚いたように顔をあげ、キョロキョロあたりを見回し始めます。同様に、落ち着かないのかウロウロと歩き出すネコも。画面は全く揺れておらず、まだ本震が来ていないことは明らかです。


ALT おや?急に慌てはじめたぞ……

 そしてネコたちが不穏な動きを見せた約9秒後の7時58分58秒、ガタガタッという音とともに建物が揺れ本震が始まります。大きな揺れに驚き、パニックを起こして部屋の中を逃げ惑う猫ちゃんや、不安そうな表情で動かずジッとしている猫ちゃんなどその反応はさまざまでした。


ALT 立ち上がる猫たち

 本震が始まる約9秒前に見せた猫たちの行動は、明らかに“何かが起こる前ぶれ”を感じ取っている様子。地震の大きな揺れを事前に察知したように見える猫たちの映像に、「本震発生前に地震に気が付いてる!」「動物のセンサーはすごい」など驚きのコメントが寄せられています。

 海外メディアもこの動画に注目し、「猫たちが地震を前もって察知する映像」としてメディアで取り上げられることに。猫たちが事前に地震に気付いた理由として、「猫たちは、小さな振動であるP波が到達することによって引き起こされる、本震前の初期微動を感じ取っている」と分析されています。


ALT 建物が揺れてパニックに

 地震は、まずわずかな振動であるP波が到達し初期微動が計測され、その後、大きな揺れであるS波が到達し大きなゆれである主要動が計測されます。私たち人間がP波に気付くことは難しく、S波到達後の主要動で地震に気が付くのが通常のこと。今回の動画は、猫がP波を感知する様子を伺える、貴重な映像となりました。

 ちなみに猫カフェ「キャッチー」さんのTwitter投稿によると、「地震にビックリしたものの、全ての猫ちゃんが無事だった」とのこと。猫さんたちがみんな無事でよかった!人間にはかなわない、すごい感知能力を見せてくれた動画でした。







Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼ生物部に「いいね!」しよう