ニュース
» 2018年07月13日 18時16分 公開

ドコモ、au、ソフトバンク 豪雨被災者のデータ通信に支援措置

容量追加や追加購入の無償化などを発表しています。

[ねとらぼ]

 KDDI、ソフトバンク、NTTドコモは7月13日、平成30年7月豪雨で被災した利用者のデータ通信に関する支援措置を発表しました。

 KDDIは災害救助法が適用された地域に契約者住所または請求書送付先住所があり、対象となるデータ定額サービス/料金プランに加入しているau利用者にデータ通信容量10GBを追加すると発表。また対象となる利用者の7月5日以降のデータチャージの料金は請求しないとしています(10GBの追加までに利用した分に限る)。

KDDIの支援策

 ソフトバンクは、災害救助法適用地域でソフトバンクまたはワイモバイルのスマートフォン利用者に対し、2018年8月31日までデータの追加購入料金を無償化するとしています。

ソフトバンクの支援策

 NTTドコモは災害救助法適用地域の利用者が契約プランのデータ量を超えた場合でも、速度制限なしでデータ通信が使えるように制限を解除。7月31日まで実施します。

ドコモの支援策

 その他各社は付属品の無償提供、故障修理代金の減額などの支援策を提供しています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう