ニュース
» 2018年07月16日 09時00分 公開

「カメムシは自分のにおいで死ぬ」 アース製薬の飼育員著『きらいになれない害虫図鑑』が興味深い

もともと虫が苦手だった飼育員が仕事のなかで知った、害虫たちの意外な一面を紹介。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 アース製薬の飼育員が著した『きらいになれない害虫図鑑』(幻冬舎)が、7月26日に1296円で発売されます。「ゴキブリは人間を襲わない」「カメムシは自分のにおいで死ぬ」など、害虫たちの意外な一面を紹介しています。


書影 きらいになれない害虫図鑑(画像はAmazon.co.jpより)

帯 帯には害虫にまつわる知識のダイジェストが

 同社は商品開発や生態研究のために、ゴキブリ100万匹や蚊とハエ合計10万匹、ダニ1億匹など、約100種類の害虫を飼育しています。これを担う生物研究家の課長が、著者の有吉立(ありよし りつ)さん。もともとは害虫に限らず虫自体が苦手でしたが、仕事のなかで生態を知るうちに、恐怖心や偏見はなくなったといいます。


帯 「アース製薬研究所・飼育室より愛を込めて」

 登場するのはクモやアリ、ムカデやナメクジ、各種衣類害虫や園芸害虫など約20種類。いずれもコミカルなイラストで紹介されています。また、有吉さんが飼育に臨んだ奮闘記も。害虫のプロが伝える生態を知れば、恐怖も多少は抑えられるかもしれません。


事例事例事例 コミカルな挿し絵から、過酷な飼育の様子がなんとなく伝わる


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう