ニュース
» 2018年07月16日 16時27分 公開

そうめん、東は“ザル盛り”西は“氷水浸し”説浮上 アンケートを取って調べてみた

実際に傾向はあるようです。

[コンタケ,ねとらぼ]

 暑い夏のお昼に食べたくなるものといえば、冷たい「そうめん」。そうそう、氷水に浸してツルっといただきたいよね。っておいおい、水を切ってそうめんはザルに盛って食べるものだろ? えっ? あれー? ……といった感じで、「そうめんはザルに盛るか氷水に浸して出すか」という話題がTwitterで盛り上がりを見せています。




そうめん ザル 氷水 地域差 あなたはどちら派?

 この件に最初に言及したのは、えびちゅさん(@ebc_dq10)。「うちではそうめんは水切ってザルの上に出すんだけど、大阪出身の旦那が『えっ氷と水の中に入れて出すのが普通じゃないの?』って言い出してえっ?ってなったんだけど関西と関東で違うの?」とツイートしたところ、またたく間に拡散。ザル・氷水論争へと発展しました。

 実際に地域によってそうめんの盛り付けは違うのか。ねとらぼ編集部のTwitter公式アカウントで、アンケートを実施してみました。結果は以下の通り。



そうめん盛り付けアンケート結果(県名:氷水:ザルの順)

  1. 北海道:15:17
  2. 青森:1:6
  3. 岩手:0:1
  4. 宮城:0:1
  5. 秋田:2:2
  6. 山形:3:4
  7. 福島:1:5
  8. 茨城:1:4
  9. 栃木:3:4
  10. 群馬:6:7
  11. 埼玉:8:15
  12. 千葉:10:11
  13. 東京:17:29
  14. 神奈川:16:17
  15. 新潟:3:12
  16. 富山:2:2
  17. 石川:1:4
  18. 福井:5:1
  19. 山梨:0:1
  20. 長野:1:4
  21. 岐阜:10:3
  22. 静岡:8:9
  23. 愛知:32:10
  24. 三重:7:2
  25. 滋賀:2:1
  26. 京都:9:2
  27. 大阪:33:4
  28. 兵庫:22:6(ザルごと氷水にin1人)
  29. 奈良:4:2
  30. 和歌山:3:0
  31. 鳥取:2:2
  32. 島根:1:0
  33. 岡山:4:1
  34. 広島:2:3
  35. 山口:4:5
  36. 徳島:0:2
  37. 香川:5:0
  38. 愛媛:6:3
  39. 高知:0:1
  40. 福岡:33:5
  41. 佐賀:1:0
  42. 長崎:5:0
  43. 熊本:10:2
  44. 大分:4:4
  45. 宮崎:6:7
  46. 鹿児島:7:0
  47. 沖縄:7:1
  48. 宇宙:0:1
  49. 合計:215:311

※集計について:在住と出身が書かれている場合は出身でカウントしています。各県で1人ずつ程度「水の入ってない皿や器」に盛るという人がいましたが、これはどちらにカウントするのも違う感じがしたので数字に入れていません。なお、Twitterのシステム上、全件リプライを拾いきれていない可能性があります。

 県によってばらつきがありますが、えびちゅさんのツイートの通り「西に行くほど氷水、東に行くほどザル盛り」が増える傾向が見て取れます。関西や九州の多くでは氷水が圧倒的ですが、東北はザル派が優勢。中部・関東はまちまちといったところです。単純に「暑い地域ほど氷水に浸してできるだけ冷やしている」というなのことかもしれません。

 アンケートのコメントを見ていると、ザル派からは「氷水だとめんつゆが薄くなっていくしめんがのびていくのでは」という意見が、氷水派からは「ザルだとめんが乾燥してひっついていくのでは」という意見がそれぞれ出ており、一長一短であることがうかがえます。


そうめん ザル 氷水 地域差 それぞれメリットがあるようです

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう