ニュース
» 2018年07月17日 09時30分 公開

連休明けは「40度」近い暑さ

身の危険……。

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp

 7月17日は、九州から関東甲信は広く最高気温が35度以上の猛暑の予想で、特に関東では40度近くまで気温の上がる所もありそうです。連休明けの体に大きく負担がかかる暑さになるでしょう。強い日差しがジリジリと照りつけてアスファルトの路面やマンホールの蓋などがヤケドするほど熱くなることもあるため、被災地での復旧作業はご注意ください。

天気

きょうの天気 広く夏空 局地的雷雨

 きょうも高気圧が西日本や東日本を覆う見込みです。沖縄と九州、中国、四国、近畿、東海、北陸は夏空が広がるでしょう。午後は山沿いや内陸部で、にわか雨や雷雨の所があるでしょう。関東甲信はきのうより雲が広がりやすいものの、時々日差しも届く見込みです。昼過ぎ以降は急な雷雨にご注意ください。東北南部は朝は曇り空の所がありますが次第に晴れるでしょう。東北北部は雨で、雷を伴い雨脚が強まることがある見込みです。北海道は道南で曇りや雨ですが、そのほかは日が差すでしょう。

きょうの最高気温 40度近くまで上がる所も

 最高気温は九州から東北南部にかけて平年を上回る見込みです。全国で一番気温が上がりそうなのが、関東の内陸で、前橋では39度ぐらいまで上がる可能性があります。その他、那覇31度、鹿児島34度、福岡と高知は33度、広島と松江は34度、大阪と名古屋は37度、金沢35度、新潟33度、東京35度、仙台31度の予想です。なお、日暮れを過ぎてもなかなか気温が下がらず、体に負担のかかる暑さが長く続くでしょう。秋田26度、札幌25度、釧路21度で、東北北部と北海道は極端な暑さはないですが、所々で夏日になる見込みです。

Copyright (C) 2018 日本気象協会 All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう