ニュース
» 2018年07月17日 20時03分 公開

プロ麻雀リーグ「Mリーグ」発足 麻雀のイメージ向上、プロスポーツ化を目指す

参加企業は大手が名を連ねる。

[ねとらぼ]

 2018年10月にプロ麻雀リーグ「Mリーグ」を発足することが、Mリーグ機構(本社:東京都渋谷区、代表理事:藤田晋)から発表されました。これにより、麻雀のプロスポーツ化を目標とするそうです。


麻雀

 日本では数千人のプロ雀士がいますが、ばくちのイメージの強さやルールの複雑さなどから麻雀の地位向上はなかなか進んでいませんでした。一方、2017年4月には国際マインドスポーツとして認知され、インターネットによる動画配信なども追い風となり幅広いファン層を獲得。昨今ではeスポーツをはじめ、多様なスポーツが楽しまれるようになったため、麻雀の社会的地位の向上および認知の拡大を目的とし「Mリーグ」を発足したそうです。

 Mリーグは2018年10月に開幕し、2019年3月までをシーズンとする予定。参加企業・チームは、コナミアミューズメントの「KONAMI 麻雀格闘倶楽部」、サイバーエージェントの「渋谷ABEMAS」、セガサミーホールディングスの「セガサミーフェニックス」、テレビ朝日の「EX風林火山」、電通の「TEAM RAIDEN/雷電」、博報堂DYメディアパートナーズの「赤坂ドリブンズ」、U-NEXTの「U-NEXT Pirates」など、大手企業が名を連ねています。


麻雀 参加企業・チーム

 登録選手は各チーム3人。試合数は1チームにつき80試合。各チームの所属選手は、日本プロ麻雀連盟、日本プロ麻雀協会、最高位戦日本プロ麻雀協会、麻将連合-μ-、RMUの5団体に所属するプロ雀士の中からドラフト会議を経て決定されます。

 なお、Mリーグ機構ではサイバーエージェント社長・藤田晋さんが代表理事を務める他、日本サッカー協会相談役の川淵三郎さんが最高顧問を務めます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう