ニュース
» 2018年07月18日 08時30分 公開

環境省の熱中症予防情報サイトに注目 「水分・塩分を補給」「日傘や帽子の使用」「子どもとお年寄りは特に注意」

気象研究者の呼びかけで広まっています。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 連日の猛暑で熱中症による事故が報じられるなか、環境省の熱中症予防情報サイトに注目が集まっています。気象庁気象研究所研究官の荒木健太郎(@arakencloud)さんが同サイトを引用して注意喚起したこともあり、Twitterを中心に広まっています。


サイトトップ トップページには暑さ指数の実況と予測も

 基礎知識ページでは、高気温や風がないといった環境面、二日酔いや寝不足による体調不良などの身体面、激しい運動や屋外作業といった行動面から、熱中症の要因を説明。予防策として、「日陰の利用」「日傘や帽子の使用」「水分・塩分補給」を挙げています。


予防策 体調不良のときは特に注意

 応急処置ページでは、対処方法をフローチャートで説明しています。熱中症を疑う症状がある場合、患者が呼びかけに応えられないときはすぐに119番を。そうでないケースでも、涼しい場所へ避難し服をゆるめ身体を冷やすなど、状況に合った対処法を示しています。


フローチャート 状況に合った対処法を分かりやすく提示

 環境省は詳細なマニュアルも公開。「子どもや高齢者は特に注意」とするコラムや、運動や仕事に臨むうえで重要な項目をまとめたチェックシートなど、留意すべき点が多数掲載されています。


高齢者 高齢者の場合は、のどのかわきや暑さを感じにくくなるため、意識して水分補給をする必要があります

子ども 子どもは背が低く、観測上の気温以上の熱にさらされるため、より注意が必要に

チェックシート チェック項目を参考に体調管理を


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう