ニュース
» 2018年07月18日 11時15分 公開

「FGO効果」で続々重版、ついに4刷目へ 大反響『正伝 岡田以蔵』の版元に聞く

「嫌いな野菜、特徴的なしぐさ、女性経験の有無といった以蔵の内面にまで踏み込んだ」本が売れてます。

[青柳美帆子,ねとらぼ]

 戎光祥(えびすこうしょう)出版が2014年に発売した「岡田以蔵」に関する伝記が、2018年6月に突然売れ行きを伸ばしネットで話題になっています。重版に次ぐ重版を呼んだきっかけは、累計1300万ダウンロード突破の人気スマートフォンゲーム「Fate/Grand Order(FGO)」。一体「以蔵本」に何が起こったのか? 戎光祥出版の丸山裕之編集長に聞きました。

 FGO効果で売り上げが伸びた本は、2014年1月に発売された松岡司さんの『正伝 岡田以蔵』。幕末に「人斬り以蔵」として恐れられた岡田以蔵の謎多き生涯を、一次資料からまとめあげた伝記です。

FGO効果で売り上げが伸びた『正伝 岡田以蔵』

 FGOは、伝説、神話、歴史上の偉人などの古今東西の“英霊”がキャラクターとして登場するゲーム。2018年6月13日から期間限定イベント「ぐだぐだ帝都聖杯奇譚」が始まり、新サーヴァントとして「岡田以蔵」「坂本龍馬」が実装。イベント内では屈折しきった人柄や自身の才能に対する自負、そして龍馬との因縁や複雑な感情などが描かれ、多くのファンを生み出しました。

6月に実装されたサーヴァント「岡田以蔵」(記者の召喚時)

 丸山編集長によると、戎光祥出版の公式Twitterのフォロワーから「『FGO』に岡田以蔵が登場するので宣伝した方がいい」とアドバイスを受けたのが全ての始まり。助言に従い、「本日よりFGOにて坂本龍馬や岡田以蔵が登場するようですね!」「推しキャラのリアルを知りたくなった方はぜひご一読ください!!(FGO好きに届きますように)」とイベント初日の6月13日にTwitterで宣伝したところ、1000回以上リツイートされました。

 プレイヤーがFGOで岡田以蔵に“出会う”と、またたく間にオンライン書店や店頭の在庫が売り切れに。緊急会議を行い重版を決定したといいます。しかし以蔵ファンは、その重版スピードを上回る速さで増えていたのでした。

 「弊社社員は誰も『FGO』をプレイしておらず、どこまでブームが続くか分からなかったので、当初は300部の限定重版を行うこととしました。ですが、その旨をTwitterに投稿したところ、早々に300部以上のご注文をいただきました」(丸山編集長)

 1日で100件以上の注文が来る日もあるほどの予想を大きく上回る需要に、岡田以蔵の命日にあたる7月3日、2刷で1000部の追加重版を緊急決定。その後も注文が止まらず、現在は4刷に至っています。ゲームや漫画の影響で重版となったのは、戎光祥出版の本では『正伝 岡田以蔵』が初めてです。

 読者層も広がりました。「これまではおそらく一般の歴史好きな方が購入してくれていたと思いますが、FGO効果で購入される方のほとんどは若い女性の方でした。ここまでのブームになるとは予想していなかったので、社員一同とにかく驚いています。重版したこともそうですが、必ずしもこれまでの弊社の購買層ではなかった若い女性をはじめとして、今回のことをきっかけに、弊社のことを多くの方が知ってくださったのはうれしかったです」(丸山編集長)。

 こうしたFGO効果は『正伝 岡田以蔵』だけではなく、『図説 坂本龍馬』にも及んでいるといいます。2冊を同時に購入するファンも多いとのこと。以蔵が登場したイベント名は「ぐだぐだ」を冠していましたが、全然ぐだぐだじゃない効果です。2刷の前に受けていた注文分は7月17日から順次発送を始めている――ということで、そろそろ以蔵ファンの手元に本が届いているころかもしれません。

 「弊社の歴史書は、史料に基づいた最新の研究成果を分かりやすく読者の方に伝えることをモットーとし、高い評価をいただいております。『正伝 岡田以蔵』についても史料に基づき、嫌いな野菜、特徴的なしぐさ、女性経験の有無といった以蔵の内面にまで踏み込んで分かりやすく執筆されています。こういった情報は、これまでの史実に忠実に書かれた伝記では取り上げられてこなかったですので、FGOファンの皆さまだけではなく、全ての岡田以蔵ファン、幕末ファンの方に読んでいただきたいと思っています」(丸山編集長)

ゲーム内でも以蔵さんは「マイルーム」で嫌いな食べ物について話してくれます

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう