ニュース
» 2018年07月18日 10時57分 公開

スバルビル解体で「新宿の目」どうなる? 小田急「現在検討している」

地下部分はしばらくは解体しないとのこと。

[ねとらぼ]

 新宿スバルビル(東京・新宿)の解体が8月に始まります。それ伴い、同ビルの地下にあるアート作品「新宿の目」の今後を気にする声が上がっています。ビルのオーナーである小田急電鉄に聞きました。

新宿の目 新宿の目

 小田急電鉄広報部によると、8月からビル上部が解体になるものの、新宿の目がある地下部分はしばらくは解体しないとのこと。今後どうするかを現在検討しているとしています。当面は新宿の目はそのままということです。

 新宿の目は1970年に芸術家の宮下芳子さんが製作。大きな瞳をイメージして作られたガラスのモニュメントで「怪物的バイタリティを持つ新宿新都心」を表現しているといいます。

新宿スバルビル 新宿スバルビル

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう