ニュース
» 2018年07月18日 21時24分 公開

「IEの固有機能に依存するシステムをEdgeに対応するよう見直してほしい」 マイクロソフトが要望

Windows 10とEdgeのリリースから3年になりますし、IEもそろそろ……?

[沓澤真二,ねとらぼ]

 マイクロソフトが「Internet Explorerの今後について」と題した、公式ブログ記事を公開しました。そのなかで、Internet Explorer(IE)に依存したシステムを、Microsoft Edge(Edge)で閲覧できるように見直してほしいと要望を述べています。


公式ブログ マイクロソフト公式ブログより、「Internet Explorerの今後について

 2015年にWindows 10とともにリリースされたEdgeは、最新技術を取り入れる一方で、ActiveXコントロールなど旧来の技術をサポートしていません。そのため、同社は特定のサイトやWebアプリで互換性の問題が発生するケースに対し、IEに自動でリダイレクトさせる機能などで対応してきました。そして、IEとの後方互換性が必要なシステムにはIEを、そうでない場合はEdgeを利用するよう提案する方針をとっています。

 同社は「この考え方は今も基本的に変わらない」としたうえで、IEに依存したシステムやWebアプリの見直しを提案。「そうした依存性を無くし、最新のブラウザであるMicrosoft Edgeで閲覧できるように見直していただくことを、今からご検討いただくようお伝えしていくことが、私たちサポートチームの使命」と述べています。

 なお、「IEはいつまでサポートが提供されるのか?」といった将来の予定については回答できないとのこと。ただ、世の中の流れがブラウザの相互運用性を保ちつつも最新のWeb標準の技術を取り入れる方向へ動いており、余裕をもってモダンWebへの移行を進める必要があることを意識してほしいと述べています。




(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう