ニュース
» 2018年07月18日 23時02分 公開

テレ東「あにてれ」でショートアニメ「ようこそジャパリパーク」配信決定 協力になんとネクソン!

ネクソン……帰ってきたんだな……。

[コンタケ,ねとらぼ]

 テレビ東京アニメ配信サービス「あにてれ」で、8月12日から「けものフレンズ」オリジナルショートストーリー「ようこそジャパリパーク」の独占配信が決定しました。協力にはなんとネクソンの文字が。


けものフレンズ ようこそジャパリパーク あにてれ たつき


けものフレンズ ようこそジャパリパーク あにてれ たつき ミライさん!

 「けものフレンズ」は、メディアミックスプロジェクト「けものフレンズプロジェクト」から提供されているタイトル。テレビアニメが2017年の冬に放送され、動物がヒト化した「フレンズ」がたくさん暮らす「ジャパリパーク」での冒険が描かれました。

 今回の「ようこそジャパリパーク」は2015年3月から2016年12月まで配信されていたアプリ「けものフレンズ」の世界の物語。ジャパリパークが開園するまでの大きな危機とそれを乗り越えたフレンズたちと「園長」の記録映像という内容になります。そしてこの、「2015年3月から2016年12月まで配信されていたアプリ『けものフレンズ』」を運営していたのがネクソンでした。

 少し事情が分かりにくいかもしれないので、簡単に説明を。けものフレンズは2017年冬にアニメが放送される前に、メディアミックスとして展開していたネクソン版のアプリが配信終了、さらに放送開始直後には月刊少年エースで連載されていたマンガ版も連載が終了してしまいました。

 もはやプロジェクト自体が危機的な状況でしたが、アニメ版が放送されるや異例の大ヒットに。ここからブシモの「けものフレンズぱびりおん」やGOODROIDの「けものフレンズFESTIVAL」といった新アプリが開発されるに至りました。

 しかし、大ヒットとなったアニメ版と、放送前に終了してしまったネクソンのアプリ版にはストーリー的なつながりが見受けられたこともあり、新アプリがリリースされてもネクソン版のアプリの復活を望む声が根強く続きます。さらに、アニメの功労者であったたつき監督(@irodori7)の降板もあり(関連記事)最も望まれていたアニメ2期の先行きが不透明になったため、「ネクソン」と「アニメ」はけものフレンズファンのなかでは特別な意味を持つものとなっていました。今回の「ようこそジャパリパーク」はその2つを同時に満たす、ファンとしては重要な内容となるかもしれません。

 アプリの世界の物語ということでテレビアニメ版の続編というわけではなさそうですが、出演にアニメ版のキャラ「ラッキービースト」(内田彩さん)の文字も。また、アニメ版では映像の中でだけ出てきた「ミライ」(内田彩さん)、ナレーションにはアニメ版で主役のサーバル役を演じた尾崎由香さんの名前もあります。監督・脚本・動画・撮影・編集は春日森春木さんが担当。

 第1話は、無料会員でも見られるとのこと。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう