ニュース
» 2018年07月20日 07時30分 公開

「早めに起床して朝に作業をしよう!」→起床して絶望した漫画に共感する人多数

筆者もよく経験します……。

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 いつもより早起きをして作業を進めようとするも、見事に台無しとなった漫画が共感を集めています。起きた瞬間にやっちまったとわかるやつだ。

 漫画の作者、タカノンノ(@takanonnotakano)さんはいつも24時に就寝し6時に起床します。つまり6時間寝て起きるのが生活の基本となっているのです。「だから2時間早寝すれば2時間早く起きられるはず」――そう思ったタカノンノさんはいつもより早い22時に布団に入り、6時間後の4時に起きることにしました。


普通 普通通りに寝れば起きられるはず!

 こうすれば早起きしたモチベーションを生かし、出勤前に絵の作業が捗るはず……!

 しかし実際に起床したのはいつも通りの朝6時……。思わず目の前が真っ暗になったタカノンノさんなのでした。まぶしく差し込む朝日とさえずる鳥の声が憎い!


うまく行かない 疲れは取れたのにテンションはガタ落ち

 漫画がTwitterに投稿されると「ありますあります」「私も良く体験してます」といった共感の声が多数集まりました。やっぱりみんなも経験あるんだ……。また「22時に就寝することを2、3日行い、その後4時に起きるようにすると調整が捗ります」といったアドバイスもあり、起きる時間を1日で変えようとするのはなかなか難しいようです。

 タカノンノさんはTwitterにイラストや漫画を投稿している他、Web漫画サービスのマンガハックpixivニコニコ静画に漫画を掲載しています。

画像提供:タカノンノ(@takanonnotakano)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう