ニュース
» 2018年07月20日 07時00分 公開

世界初のロボットたこ焼き店、ハウステンボスにオープン

人工知能が見せる職人技です。

[クラタマスミ,ねとらぼ]

 ハウステンボス(長崎県佐世保市)に7月20日、世界初のロボットたこ焼店「OctoChef(オクトシェフ)」がオープンします。チーズワーフの一角にできる広さ4坪のこの店は、AIとロボットアームを連動させてたこ焼きを調理するのが特徴です。


オクトシェフ たこ焼きロボット「オクトシェフ」。たこ焼き(ソース、ネギだく、明太マヨ)500円より

 コネクテッドロボティクスのロボット「UR5」を採用。アーム型の協働ロボット(人と同じ空間で一緒に作業を行えるロボット)と、人工知能による画像認識を通じたディープラーニング等の最新技術を組み合わせました。生地流し込みから焼き上げまでができ、AI機能により焼きムラがないか確認することも可能。1回の行程で16人分96個を調理できます。なお食材の仕込みとトッピングは人間のスタッフが行います。

 これまでの産業用ロボットでは安全性を確保するために安全柵が必要でしたが、協働ロボットを活用することで、同一空間内で人とロボットが一緒に作業することが可能となっています。ロボットの活用により、通常3〜4人で運営するたこ焼き店舗を1人で運営できるよう省人化できたとのこと。


オクトシェフ こちらはソフトクリームロボット。バニラ、ストロベリー、ミックス各400円

オクトシェフ 「オクトシェフ」外観

 OctoChefではソフトクリームも販売しており、こちらもAIとロボットアームを活用しています。Dobotが開発した「Dobot Magician」が、コーンにソフトクリームを盛り付けてくれます。

 営業時間は11時から22時。OctoChefの外観は、赤が基調のカラーリングに、タコがたこ焼きを調理中とおぼしきイラストが描かれ、親しみやすい雰囲気。効率性とエンターテイメント性を兼ね備えた楽しいお店になりそうです。


(クラタマスミ)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう