ニュース
» 2018年07月20日 14時54分 公開

気象庁、異常天候早期警戒情報を発表 7月24日〜8月2日はほぼ全国が平年以上に暑くなる見込み

地図が赤いよう。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 気象庁が7月19日、異常天候早期警戒情報を発表しました。7月24日から8月2日までの平均気温が、北海道と九州南部、沖縄を除く日本全域で平年以上に高くなる見込みです。


全国版 うわあ……

 異常天候早期警戒情報とは、7日間の平均気温が「かなり高い」または「かなり低い」となる確率が30%以上、または7日間の降雪量が「かなり多い」となる確率が30%以上と見込まれる場合に発表されるもの。「かなり高い」「かなり低い」の基準は、過去30年の観測で出現率が10%だったケースと設定されています。



 「かなり高い」とされた地域の詳細をそれぞれ見ていくと、期間中の平均気温の平年差は、一番低い四国地方でも+1.5度以上。一番高い東北地方では2.6度以上にも及びます。気象庁は熱中症の危険や、農作物の管理を呼びかけています。


東北 東北地方は平年差+2.6度

北陸 北陸地方は+2.3度

関東甲信 関東甲信地方は+2.1度

東海 東海地方は+2度

近畿 近畿地方は+1.7度

中国 中国地方は+1.8度

四国 四国地方は+1.5度

九州北部 九州北部は+1.6度

沖縄 沖縄のみ−0.9度と、平年より涼しめ


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう