ニュース
» 2018年07月20日 19時00分 公開

うな重おいしそー! ……え、これCG!?  CGアーティストが放つ実写同然の作品に心が躍る土用丑の日

……ゴクリ。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 本日7月20日は、2018年の土用丑の日の1つ。Twitterハッシュタグ「土用丑の日」にウナギ関連の投稿が並ぶなか、おいしそうなうな重がひときわ目立っています。タレの照りや焦げ目が食欲をそそるこの画像、実はCGなのだから驚き。


CGうな重 おいしそうだけど食べられない

 海外で活躍するCGアーティスト、井崎崇光(@takasimpleman)さんの作品。モデリングには「Maya」、テクスチャや着色には「Substance Painter」を使っているそうです。処理する前の簡素なワイヤーフレーム画像を見ると、素人目には「ここからどうやってあんなおいしそうに」と不思議に映ります。


ワイヤーフレーム ここからどうやってあの“照り”を……

 井崎さんはほかにも、唐揚げやドーナツ、プリンやスイカなど、食べ物のCGを多数制作。仕事としては映画「デッドプール2」に関わるなど、精力的に活動しています。





スイカ キンキンに冷えていそうなスイカ


画像提供:井崎崇光(@takasimpleman)さん

(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう