ニュース
» 2018年07月20日 22時58分 公開

猛暑対策展:置くだけで周囲を冷やす「バケツエアコン」 なんと社長がたった1人で開発していた

発表段階から、Twitterなどでは「天才」と話題になっていました。

[戸津弘貴,ねとらぼ]

 連日猛暑が続く日本列島ですが、東京ビッグサイトでは7月18日から20日にかけ、「第4回猛暑対策展」が開催されました。業務用のミストマシンや送風機、個人用の冷却ベストなどさまざまなアイテムが展示されるなか、ひときわ目を引いたのが、クールスマイルの「バケツエアコンCS703」でした。


バケツエアコン バケツエアコンCS703

バケツエアコン 室外機不要、工事不要で「ポンと置くだけ」

 文字通りバケツの形をしたエアコンで、バケツに氷を入れてカバーをかぶせるだけでOKというもの。内部で冷やされた空気をファンによって送り出し、手軽に室内を冷やすことができます。使用環境にもよりますが、最高で15度まで冷やされた冷気を排出可能。バッテリー持続時間は約3時間で、充電式なので電源が取れない場所でも使うことができます。


バケツエアコン 内部に氷をセットして

バケツエアコン カバーをかぶせるだけ

 通常のエアコンと異なり、広い部屋での使用には向きませんが、例えば海の家の更衣室や、エンジンを止めた車の中など、限定された空間を快適な温度に保つには十分とのこと。車内にペットを置いて買い物に向かう際など、狭い空間で短時間使用するためのクーラーといえそうです。実験では、30度の部屋を24度まで下げることができたといいます。


バケツエアコン 広い場所での利用には向かないものの、狭い場所ではかなり活躍してくれそう

 既に公式サイトもオープンしていますが、開発・製造は社長が1人で行っているため、発売時期などについては未定。会場で聞いたところ、2019年までには発売したいとのことでした。

 同社は2011年の東日本大震災をきっかけに、「ニッポンを冷やそう!」をコンセプトに設立。フード付きベストに水冷チューブを縫い込んだ「人間エアコン」などをこれまでに開発してきましたが、「人間エアコン」は2015年にクラウドファンディングを実施したものの、なんと500円しか集まらず終了してしまうなど(2017年には76万円の調達に成功)苦労も多かったとのこと。他にもアイデアはたくさんあるのですが、なにぶん社長1人で開発しているため、製造が追い付かないのが目下の課題とのことでした。


バケツエアコン 会場となった東京ビッグサイト

バケツエアコン 猛暑対策専門の展示会として、今年で4回目の開催

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう