ニュース
» 2018年07月21日 09時00分 公開

ローランドと鼓童が共同開発する「電子和太鼓」が進化 完全ワイヤレス化で自由なパフォーマンスが可能に

新潟県佐渡市「アース・セレブレーション 2018」にて演奏が披露されます。

[宮原れい,ねとらぼ]

 ローランドと太鼓芸能集団「鼓童」は、共同開発している世界初の「電子和太鼓」試作機の軽量化・ワイヤレス化を実現。2018年8月に新潟県佐渡市で開催される「アース・セレブレーション 2018」にて演奏を披露します。


電子和太鼓 ローランド 鼓童 軽量化 ワイヤレス化 ローランドと鼓童による「電子和太鼓」試作機

 2017年8月に開発が発表された「電子和太鼓」は、電子ドラムを開発するローランドの技術や独自のノウハウによって設計。伝統的な和太鼓の音色から、さまざまなパーカッションや電子サウンドなど、幅広い音色で演奏することが可能です(関連記事)。

 今回発表された最新バージョンでは、打面の小型化や構造の改良、さらに重量を昨年の試作機と比べて約30%軽量化することに成功。また演奏を無線で送信するシステムの搭載や、電池駆動も可能となり、演奏者が舞台上で自由に動ける「完全ワイヤレス化」を実現しています。


電子和太鼓 ローランド 鼓童 軽量化 ワイヤレス化 演奏イメージ

 「アース・セレブレーション 2018」では初日の8月17日に、プログラム「鼓童 Dance Night〜CHAKKA FES〜」において、大塚勇渡氏をはじめとする鼓童のメンバーが「電子和太鼓」を演奏。伝統的な和太鼓や電子ドラム、さらにはストリート・ダンサーとの共演によるパフォーマンスが披露される予定です。

 今後も「東京オリンピック」が開催される2020年の完成・製品化を目標に共同研究開発を継続し、さらなる表現力の向上と和太鼓文化の発展を目指していくとしています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう