ニュース
» 2018年07月25日 20時00分 公開

進化しても「ダネ」ぐせが抜けないフシギソウ「夏ダネ……いや、夏だソウ!」 ラフレシアとのほのぼの漫画 (1/2)

野生のポケモンが送る、知られざる日常(?)。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 野生のポケモンの日常を描いた二次創作漫画「フシギソウとラフレシアちゃん」を、TwitterユーザーのAwai(@awaiO_O)さんが公開しました。フシギダネから進化したばかりで幼げなフシギソウと、ナゾノクサからの最終進化を遂げた、円熟味あふれるラフレシアのかけあいにほのぼのします。


1-1 アニメ版のポケモンは種族名の一部を発してしゃべりますが、このフシギソウはフシギダネ時代のクセが抜けていないようで……

 密林でおしゃべりする、2匹のくさタイプポケモン。フシギソウは「進化したダネ!」と喜んでいますが、語尾に「ダネ」を付けるフシギダネ時代のクセが抜けておらず、あわてて「いや、したソウ!」と言い直します。一方、ラフレシアは語尾に「ラフ」とは言わず、「おめでとう、これであなたも立派なつぼみね」と、しっとりした大人の口調でしゃべっています。

 その後もフシギソウがうっかり「夏ダネ」と言えば、ラフレシアが「あら、さっそく幼児退行?」とつっこむなど、ゆるい会話を続ける2匹。どうしても“ダネぐせ”が抜けないフシギソウに、ラフレシアは「あなた、語尾は“フシ”じゃだめなの?」と、冷静に指摘するのでした。


1-2

1-3

 パート2では、ラフレシアがフシギソウにツタをからめておしゃれをしてあげています。すくすく育っていたフシギソウを見て、ラフレシアは「あなた、“メガフシギソウ”みたいになっているわよ」とひと言。夏の陽気で成長が早まったかな?(原作では、メガシンカできるのはフシギバナに進化してから)


2-1

 するとフシギソウは、突然「(背中のつぼみが)開花しそうフシ」と叫びます。フシギバナに進化するのではなく、「夏だから」勢いで咲かせられるかもしれないというのです。


2-2

 「フシギバナになる前に少し咲いたらまずいフシかな」と聞かれ、ラフレシアは「別にいいんじゃない、枯れなければ」とクールに返答。「摂理上、枯れるかも……」とうろたえるフシギソウを、「じゃあやめなさい。若いころの軽はずみで、大人になる前にハンデを負うわよ」とさとすのでした。なんだか「ヤンチャは大人になってから後悔する」的な、先輩からの教訓みたいだ。


2-3

 Awaiさんはほかにも、ポケモンの美麗なファンアートを多数公開。ストーリー性を感じさせる「廃墟で育ったリーフィアとブラッキー」や、ポップなデデンネなど、多彩な表現でポケモンたちの魅力を引き出しています。


リーフィアとブラッキー

リーフィアとブラッキー

リーフィアとブラッキー

リーフィアとブラッキー 廃墟で育った2匹が、仲間と知り合い世界を広げていく

冒険 やがて2匹は冒険の旅

デデンネ 明るいイメージの作品も。デデンネはかわいいなあ

※漫画はWebでの読みやすさを考慮して分割編集を行っています。ページ単位で楽しみたいかたは、下記リンクから無編集版をご覧ください

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.