ニュース
» 2018年07月24日 22時00分 公開

ポルナレフが味わった「恐ろしいものの片鱗」、裏側では何が? 海外のジョジョファンが再現(?)動画で考察

ディオががんばりやさんだった。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 『ジョジョの奇妙な冒険』第3部の終盤でポルナレフがディオと対峙したとき、いくら階段を上っても“下りたことにされる”シーンがあります。この現象はコピペでも有名な「何を言ってるのかわからねーと思うが(中略)もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ……」というせりふにつながるのですが、いったい階段で何が起きていたのでしょうか? 海外ファンのAlex(@caesartendency)さんが考察し、動画で説明してくれました。


スタート 「1つチャンスをやろう。その階段を2段下りろ。再び私の仲間にしてやる」と、ディオがポルナレフをゆさぶる場面を再現

 原作でその後の展開を見れば「ディオがスタンド能力で時を止めてからなんかした」のは明白なのですが、動画はその“なんか”の部分を想像で補完しています。ポルナレフ役が階段を上ると、ディオ役がスタンドの発動をポーズで示します。ここまでは原作とだいたい同じ。


発動 逆らってポルナレフが上ったところで、ディオがスタンド「ザ・ワールド」を発動。時が止まってポルナレフも静止

 時が止まっている間に、いそいそと階段を下りるディオ。静止したポルナレフをかつぎ上げ、元いた位置よりも下の段まで運んで下ろします。そんな力業だったのか。


ザ・ワールド 能力の持続時間は、このシーンの時期だと5秒未満しかありません。急げ急げ

ザ・ワールドザ・ワールド よいしょっと

 そして、息を切らしながらも階段の上まで戻って決めポーズ。能力の効果が切れて時が動き出し、知らぬ間に下ろされていたポルナレフが驚く……といった寸法です。もちろん原作でそんな過程は描かれていませんが、状況を考えると妥当なやり方に思えます。原作のディオも似たようなことをしていたのだろうかと想像できて、なんだかなごむ動画でした。


ザ・ワールド 時が動き出す前に戻れーっ!

ザ・ワールド ゼエゼエ……

ザ・ワールド からの決めポーズ。原作では「フフッ、階段を下りたなポルナレフ」と、不敵に笑っていましたが、陰でけっこうがんばっていたのかも

画像提供:Alex(@caesartendency)さん


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう