ニュース
» 2018年07月24日 22時53分 公開

「年収945万円でも忍者不足」はフェイクニュースと伊賀市が否定

[ねとらぼ]

 「伊賀市(三重県)で深刻な忍者不足が起きており、年収945万円でも人が集まらない」という記事がネットで話題になっていますが、フェイクニュースだと否定するコメントを同市が発表しました。

伊賀市のコメント

 問題の記事は「日本では十分な給料を提案しているにもかかわらず、忍者探しに苦しんでいる」「伊賀の岡本栄市長によると、忍びの仕事で年収2万3000ドル(256万3235円)から8万5000ドル(945万2825円)を得ることが可能」といった内容で、まとめサイトなどを通じて広まっています。

 これに対し、伊賀市は「フェイクニュースにご注意ください」と注意を呼びかけ。「現在インターネットのニュースサイトなどで報じられている『伊賀市での忍者不足』や『忍者の年収』といったことは、伊賀市から発信した情報ではありません。また、伊賀市では忍者の募集はしておりませんので、ご注意ください」と述べています。

 拡散されている記事は、海外ニュースサイトを情報源とし、その記事はまた別の海外ニュースサイトを情報源とし、そのニュースサイトは米公共ラジオのポッドキャストを情報源としていました。

年収に関する発言部分。コメントしたのは番組ホスト

 米公共ラジオのポッドキャストでは、伊賀市の人口減少問題や忍者で観光客を呼び込む取り組みについて取りあげており、伊賀市の岡本市長も忍者ツーリズムについてコメントしていました。ただし、市長は忍者不足や忍者の報酬には言及しておらず、番組司会者が「忍者が不足している」「忍者パフォーマーは2万3000ドルから8万5000ドル稼げる」と発言していました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう