ニュース
» 2018年07月25日 07時00分 公開

サントリー天然水ブランドからエナジードリンク 「南アルプスPEAKERビターエナジー」

「自然が育んだ素材」と「苦味と強炭酸による刺激」に着目して開発。

[ねとらぼ]

 サントリー食品インターナショナルは8月21日、サントリー天然水ブランドのエナジードリンク「サントリー 南アルプス PEAKER(ピーカー)ビターエナジー」を1都10県で発売します。10月からは全国でも販売予定。375ミリリットル入りで税別190円。

サントリー 南アルプス PEAKER(ピーカー)ビターエナジー

 同社が「自然が育んだ素材」と「苦味と強炭酸による刺激」に着目して開発したエナジードリンクで、カフェインを含む茶葉である「グアユサ」、ジンジャー、ミントを使用。ホップと有機グレープフルーツ果汁の苦味と、強炭酸の刺激を掛け合わせて、これまでに無かったエナジー感を生み出したとしています。

 カフェイン量は従来のエナジードリンクよりも少ない1本あたり45ミリグラム(同社の525ミリリットル緑茶飲料1本分とほぼ同等の量)で、てんさいを原料とした持続性エネルギー源「パラチノース」を使っています。また、エナジードリンクは缶入りが主流ですが、自分のペースで飲めるようにとペットボトル容器を採用。

 サントリー天然水ブランドは「自然とのふれあいによる人間性の回復」をテーマにした「山のむこう」プロジェクトをアウトドアブランド「スノーピーク」と展開しており、これまでに「サントリー 南アルプススパークリング」シリーズを共同開発しています。今回発売する新製品は共同開発商品第4弾となります。

 先行販売地域は東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、長野県、新潟県、山梨県、静岡県。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう