ニュース
» 2018年07月25日 12時00分 公開

リカちゃんの髪を美容師が真剣に切ってみた→軽いボブカットへ仕上げる手際に「さすがプロ」の声上がる

見事にやり遂げた美容師を取材しました。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「リカちゃん人形の髪がやぼったいので切ってもらえないか」――まさかのオーダーへ真剣に向き合った美容師がTwitterで話題です。人間と人形では勝手が全然違うにもかかわらず、軽いボブカットへ仕上げてみせた動画に、「さすがプロ」との賛辞が多数寄せられています。


リカちゃんリカちゃん お客さんのオーダーは「ボブのままでスッキリさせてほしい」。さあ、どう仕上がる?

 挑戦したのは、東京都渋谷区のヘアサロン「CIECA」店長・野元亮太(@cieca_nomoto)さん。ボブとショートで作る、ナチュラルなスタイリングを得意としています。お客さんが持ち込んだリカちゃんもボブカットですが、少々重たい印象。これを「ボブのままスッキリさせてほしい」というのが、今回のオーダーです

 野元さんはリカちゃんの頭部をいったん取り外してカットを開始。はさみを縦や斜めに入れて、全体のボリュームを落としていきます。


リカちゃんリカちゃん 人間と同様に、ハサミを入れてはクシでとかしていく

リカちゃんリカちゃん 「リカちゃんまじ多毛」

 けっこうな毛の量に苦労しつつも、毛先を整えてカットは完了。元通り胴体にはめ込まれ、リカちゃんはさっぱりとかっこいいシルエットに様変わりしました。これはプロの仕事。


リカちゃん 毛先は頭部の下側からていねいに処理

リカちゃん ゆるふわな仕上がり

リカちゃん 胴体にはめ込む瞬間、絵面がえらいことに(画像クリックで見られます)

リカちゃん 元通りはめ込むと……あらステキ

リカちゃん ビフォーとアフターを見比べると、印象の違いが一目瞭然

 編集部が野元さんを取材したところ、やはりリカちゃんの小ささに苦労した様子。人形の場合、1ミリ切るだけでも感覚的には人間の3センチ分に相当するので、切りすぎないようにと注意を払ったそうです。すきばさみを入れるときも、表面に短い毛が出てバザバサに見えないよう気をつけたといいます。

 また、リカちゃんは耳が外へ開き気味なので、短くした髪が耳の影響を受けて浮き、横に広がってしまう問題も。さらに、毛が繊維製なのでアイロンやブローでなじませるといった手法が使えず、カットだけで整えるのも大変だったとのことです。

 手の込んだ仕事だけに、技術への対価も気になるところ。依頼主から「本来なら5000円以上かかるのでは?」と言われながらも、今回は常連からのお願いということで、無料で行ったそうです。人形のカットは取り返しがつかないので、仕上がりに満足してもらえないケースを考えると不安があったとも。もしも本当に有料のサービスとしてやるなら月に1体だけ受け付け、「お客様が仕上がりに対して値を付けるスタイルも面白いかな」と語っていました。

ヘアサロン CIECA(シエカ) 概要

・住所:東京都渋谷区神宮前5-16-2
・営業時間:平日11〜21時/土曜日10〜20時/日曜祝日10〜19時
・定休日:月曜日および第3火曜日
・電話番号:03-6805-0644

画像提供:野元亮太(@cieca_nomoto)さん

(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう