ニュース
» 2018年07月26日 17時53分 公開

「シン・エヴァ」特報の盗撮映像がネットに違法アップロード 東映など「厳しく対処」

「アップロード元は匿名でも特定が可能です」とも。

[ねとらぼ]

 映画館で公開中の「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の特報を盗撮した映像がインターネットに投稿されているとして、東映、東宝、カラーは「厳しく対処していく」とするコメントを発表しました。

コメント

 劇場での映画の盗撮行為は「映画の盗撮の防止に関する法律」および「著作権法」により禁止されており、盗撮した映画本編や特報をYouTubeやTwitter、Facebookなどにアップロードすることも著作権侵害にあたると同社。

 これらの法に反して著作権が侵害された場合は、最大で懲役10年または罰金1000万円、またはその双方が課せられる可能性があるとし、「こういった行為に対しては厳しく対処していく所存です。アップロード元は匿名でも特定が可能です」と述べています。

 特報の盗撮については、共同配給業務を行う東宝、東映、カラーの3社で協議して対応を進めているとのことです。

「シン・エヴァンゲリオン劇場版」ロゴ (C)カラー

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう