ニュース
» 2018年07月27日 10時05分 公開

隅田川花火大会、台風12号の影響により「29日に順延」 29日の実施については28日18時に発表

公式Twitterをチェックしましょう。

[Kikka,ねとらぼ]

 7月28日に開催予定の第41回隅田川花火大会について実行委員会は27日、「大会を29日に順延する」とTwitterで発表しました。なお29日の実施については、28日18時に公式twitterで発表するとしています。


台風12号 隅田川花火大会 隅田川花火大会(隅田川花火大会公式サイトより)

 「両国の川開き」として親しまれていた花火大会が隅田川花火大会という名称になったのは1978年から。今年は第一会場では総合計9370発、第二会場では総合計1万650発と大規模な打ち上げが予定されていましたが、28日の夕方から夜にかけては台風12号が関東に最も接近すると予報されていたことから、開催が心配されていました(関連記事)。


台風12号 隅田川花火大会 開催予定のプログラム(隅田川花火大会公式サイトより)

 同大会は2013年にもゲリラ豪雨によって開始30分後に中止に。大会は中止となってしまったものの、当日にテレビ東京による生中継が行われており、同年にフリーアナウンサーに転向した高橋真麻さんがずぶぬれになってガッツあふれるレポートを行ったことでも話題になりました。

 なお台風12号の影響については、同じく28日に開催が予定されていた「第60回立川まつり国営昭和記念公園花火大会」が順延なしの中止になっています(関連記事)。

(Kikka)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう