ニュース
» 2018年07月27日 18時18分 公開

新型TENGA「テンガ スピナー」登場 新設計のスパイラルパーツで未知のスピンを発生

バナナやリコーダーと重さを比較する謎のレポートも公開。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 TENGAが男性向けモデルの新タイプ「TENGA SPINNER(テンガ スピナー)」(リンク先18歳以上対象)を発表しました。ラインアップは内部形状が異なる「TETRA(テトラ)」「HEXA(ヘキサ)」「SHELL(シェル)」の3モデル。各1800円(税別)で、8月3日から販売を開始します。


TENGA SPINNER テンガ スピナー テトラモデル

TENGA SPINNER ヘキサ

TENGA SPINNER シェル

 洗いやすいよう設計された、くり返し使えるタイプ。特徴は「新設計のスパイラルパーツの伸縮がストロークに応じて発生」「強力なひねりによる未体験のスピン」と説明されています。言っている意味はよく分からないですが、とにかく必殺技感がものすごい。


TENGA SPINNER 上下するとひねりが発生

TENGA SPINNER カバーはスタンドとして使用可能

 特設サイト「TENGA LABO」(リンク先18歳以上対象)では、開発を手がけたデザイナーのインタビューが掲載。同製品の長さと重さをさまざまな物体と比較する、謎の実験も載っています。結果、長さ(13センチ)は「“おいしい棒状スナック菓子”より長く、“噛み応えのある棒アイス”より短く、“コンビニで買えるホットドッグ”とはほぼ同一」、重さ(130グラム)は「“野球ボールの定番、軟式野球C球”より重く、“甘い放課後の思い出・アルトリコーダー”より軽く、“遠足のおやつのバナナ”1本がほぼ一緒」と判明。何のために測ったんだ。


TENGA SPINNER

TENGA SPINNER 比較対象の選択基準も謎

 なお、発売を記念して、同サイトでは研究員(モニター)を50人募集するキャンペーンを実施しています。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう