ニュース
» 2018年07月28日 20時15分 公開

終電を早める対応も 台風の影響で鉄道各社が運休や取り止めを発表 利用者は要注意

土日におでかけする人は要注意。

[haruYasy.,ねとらぼ]

 台風12号の影響で鉄道各社が運休や取り止めを発表しています。一部では終電を早めるといった対応も取られており、週末に鉄道を利用する人は注意が必要です。

台風12号 鉄道 路線 運行 飛行機 状況 気象庁が公開している台風12号の予想進路

 台風12号は2018年7月28日の夜、東海地方に上陸すると見られており、そのまま西進して近畿、中国を通って九州北部へと西日本を横断するコースを取るとみられています。

 この台風の影響で鉄道各社では運休が多発しており、関東では中央本線(高尾-大月)、青梅線(青梅〜奥多摩)で終日運転を見合わせ、湘南新宿ラインや高崎線などでも遅延が発生しているもよう。各新幹線はいまのところ平常通りとなっていますが、今後の状況によっては遅延や運休が発生する可能性があり、注意が必要です。

台風12号 鉄道 路線 運行 飛行機 状況 西日本では29日が本番。新幹線や在来線の状況に注意

 まだ勢力圏に入っていない関西ではJR西日本が通常よりも終電を数時間早める対応を取っています。直撃が予想されている29日も遅延や運休が発生する可能性が高く、避難情報と合わせて鉄道の運行状況も注意が必要です。

 航空会社にも影響が出ています。28日の東京・羽田空港では国内便は欠航が相次ぎ、国際便は数時間の遅れを出して待機。大阪・関西国際空港でも同様に国内便は欠航、国際便は出発時刻を早める対応が発表されており、29日は欠航となる便が多くなりそうです。

台風12号 鉄道 路線 運行 飛行機 状況 羽田空港では欠航が相次いでいます

 なお、現時点で京都府、大阪府、岡山県、広島県、徳島県、愛媛県に避難指示。東京都、神奈川県、山梨県、静岡県、三重県、兵庫県、奈良県に避難勧告。

 埼玉県、千葉県、長野県、岐阜県、愛知県、和歌山県、鳥取県、香川県、高知県に避難準備情報が発令されています。(2018年7月28日19時45分時点)

春山優花里@haruYasy.

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう