ニュース
» 2018年07月29日 18時40分 公開

これはイケビロコウ ワンフェス“ハシビロコウ頭の人体フィギュア”のビジュアルがつよい

強キャラ感。

[コンタケ,ねとらぼ]

 幕張メッセで開催された造形品の販売・展示イベント「ワンダーフェスティバル2018(夏)」で、極めて“つよい”ビジュアルのフィギュアが販売されていました。itchyさん(@1o3)による、「ハシビロコウ学生服セット」と、「ハシビロコウ司祭セット」です。


ハシビロコウ これはつよい

 体は人間、頭はリアルなハシビロコウという擬人化のバランス調整を大分極端に割り振ったフィギュアなのですが、「学生服セット」は学ラン2人でベンチに座り肩に手を回す大胆なポージングをしています。そんな2人を、後ろから司祭服を着た別のハシビロコウさんが見守っています。なんて濃密かつ情報量が多いんだ……。


ハシビロコウ 後ろはこれである


ハシビロコウ 顔の向きとか良い感じです

 話を聞いてみたところ、実は最初は普通のハシビロコウのフィギュアを作ろうと思っていたそうです。しかし足が細すぎてうまくいかず、市販品の人体にはめ込んでみたところ良い感じになったため今の形での販売が始まりました。価格は1万円ですが、「ワンフェスでこの価格はなかなか売れない」そうです。

 なお、各衣装の販売メーカーや作者は以下の通り。

  • 学ラン大(写真向かって左)と司祭:パラボックス中野(メーカーはPARABOX)
  • 小さいサイズのドレス:大阪のディーラー狐梅屋さん
  • カエルの和装、ダックのストリート系、ブタのコック服:ちびっこ屋

【更新:2018年7月31日10時30分 itchyさんから衣装の製作元についての情報が寄せられたため追記しました。】

 他にも3頭身程度の体にゴスロリ服を着せているものなどさまざまなハシビロコウがあり、服は市販品の他知人が作ってくれたものなどもあるそうです。ゴスロリ服は知人作とのことですが、近くで見てもものすごく精巧にできていました。


ハシビロコウ 低頭身フィギュア。知人作というゴスロリ服は非常に精巧

 普段はデザインフェスタ(デザフェス)に出展していることが多いそうで、ワンフェスへの参加は久々だったそうです。他にもチベットスナギツネや豚の頭に人体といったフィギュアも目を引くスペースでした。


ハシビロコウ チベットスナギツネ。こちらも味わい深い

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう