ニュース
» 2018年07月30日 17時13分 公開

「R-TYPE」1面ボス「ドブケラドプス」が立体化 波動砲をブチ込みたくなる高クオリティ

カテゴリーとしてはfigmaに属し、しっぽがウネウネ動きます。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 往年の名作シューティング「R-TYPE」(1987年/アイレム)の1面のボス「ドブケラドプス」が立体化され、ワンダーフェスティバル2018に出展。「シューティングゲームヒストリカ R-TYPE ドブケラドプス」として商品化されることが分かりました。展示されたのは未塗装の見本ながら、複雑なフォルムをしっかり再現。


ドブケラドプス ボス戦の思い出がよみがえる……!

 ドブケラドプスは、エイリアンと機械が融合したような異形の生命体。同製品では腹を食い破って出てくる邪悪な顔や、多数の眼球をつなぐ線に至るまで再現しています。長いしっぽもウネウネと可動。


ドブケラドプス 腹部から突き出た顔は、弱点でもある

ドブケラドプス figmaカテゴリーに属しており、しっぽに可動ギミックが

ドブケラドプスドブケラドプス 台座まわりの表現も細かい

 主人公機の「R-9」も付属しており、支柱を使えばボス戦のジオラマにも。発売時期や価格は未定で、原型制作はドラゴンクラフト、制作協力はマックスファクトリーと発表されています。


ドブケラドプス 主人公機のR-9

ドブケラドプス

ドブケラドプス

ドブケラドプス 波動砲撃ちたい……

ドブケラドプス 出展時の情報


(沓澤真二/撮影:春山優花里@haruYasy.


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう