ニュース
» 2018年07月31日 21時15分 公開

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」監督クビの決定にキャストが共同声明 「(ガン監督を)全面的に支持します」

これを受けてディズニーがどう反応するのか……。

[ねとらぼ]

 映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのジェームズ・ガン監督が次回作をクビになった件について、主演のクリス・プラットをはじめとする同作主要キャストが7月30日、共同声明を発表しました。

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」ジェームズ・ガン監督クビの決定にキャストが共同声明 「(ガン監督を)全面的に支持します」 クリス・プラット「ジェームズ・ガンの過去の不適切なジョークは支持しませんが、彼は善良な人です。 個人的には、彼の次回作(Volume 3)への監督復帰を希望します。もしよかったら、私たちキャスト全員が署名した声明文を読んでください」

 声明では、問題になったジェームズ・ガン監督の過去のツイートに賛同するものではないとしつつも、過去にガン監督が行った謝罪が心からのものであると信じ、「ジェームズ・ガンを全面的に支持する」としています。

 問題となっているガン監督のツイートとは、2009年〜2012年ごろに投稿された小児性愛、LGBT、レイプなどを題材にしたジョークを含むもの。ディズニーは7月20日、ガン監督の過去の不適切な投稿を理由に、シリーズ次回作「Guardians of the Galaxy Vol.3(原題)」から解雇すると発表しました。

 ジョークの悪質さを理由にディズニーの判断は当然だという意見がある一方で、今回の声明文にもある通りガン監督が2012年時点で過去の投稿内容について反省と謝罪を述べていたことや、10年前のツイートが蒸し返された背景にはガン監督の政治的発言に不満を持った層による報復的側面があったことなどから、ファンからはガン監督への同情が集まると共に、ディズニーへの批判の声も高まっていました。

 声明に名を連ねたのはスターロード役のクリス・プラット、ガモーラ役のゾーイ・サルダナ、ロケット役のブラッドリー・クーパー、グルート役のヴィン・ディーゼル、ドラックス役のデイヴ・バウティスタ、マンティス役のポム・クレメンティーフ、ヨンドゥ役のマイケル・ルーカー、ネビュラ役のカレン・ギラン、グラグリン役でガン監督の実弟でもあるショーン・ガンの総勢9人。ガーディアンズ・ファミリーの意見が配給会社の決定と食い違うという異例の事態に、ディズニーの今後の対応に大きな注目が集まっています。

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」ジェームズ・ガン監督クビの決定にキャストが共同声明 「(ガン監督を)全面的に支持します」 「change.org」上でのガン監督続投を求める署名には、現時点で35万人以上が参加(7月31日20時時点)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう