ニュース
» 2018年08月06日 13時30分 公開

「セルフ記者会見マシン」がMaker Faireで大人気 頭を下げると自動でフラッシュがパシャパシャッ

誰でも大物気分。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「セルフ記者会見マシン」なるユニークな装置が、DIYの展示発表会「Maker Faire Tokyo」(8月4〜5日)で注目を集めました。会見席に座って頭を下げると、自動でフラッシュの光と音が連続。誰でも大物気分を味わえます。


謝罪会見 ブースへ着席

謝罪会見 「このたびはまことに申し訳ありませんでした」

謝罪会見 頭を下げるとフラッシュがパシャパシャ

 北九州工業高等専門学校卒業生によるモノづくり集団、「NEXT+α」の出典作品。フラッシュを再現するLEDライトやスピーカーをシステムの軸に、取材用マイクや目隠し用のサングラスといった小物で構成されています。ニュース番組の表示を再現する透明シートまで用意されていて芸が細かい。

 「とにかくパッと見て楽しい装置を目指して作った」という、同団体のBBコリー(@BitBlt_Korry)さんを編集部は取材しました。開発したのは2017年5月から8月にかけて。同年のMaker Faireのために、関東住まいのメンバー5人で作ったそうです。

 フラッシュが動作する仕組みは、マイク下部付近に配した距離センサーで実現。頭が下がったことをセンサーで感知してLEDを発光させます。開発当時は展示直前にソフト開発担当者が高熱で寝込んでしまって手動操作にせざるを得ず、悔しい思いをしたのだとか。同年の冬に「Yahoo! JAPAN hack day」へ参加したときにようやく本来の形で展示できたという、思い入れのある機構だそうです。


 Twitterの反響に対し、「とにかくウケたい! というチームの強い信念が叶ったので、メンバー共々大いに喜んでおります」とBBコリーさん。Maker Faireでも「大人気だね〜」「面白い!」という声が多数寄せられたとのことです。

 NEXT+αは電子楽器「オタマトーン」を自動で演奏する装置「Automatone(オートマトーン)」や、自動で「Ctrl+S」を押して作成中の文書を保存してくれる「論文まもるくん」など、ほかにも発想の自由な発明を手がけています。


画像提供:BBコリー(@BitBlt_Korry)さん


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう