コラム
» 2018年08月08日 11時00分 公開

ハンバーグ、プリンのおすすめ材料はマヨネーズ!? キユーピーが科学的に突き止めた“マヨネーズの裏技”

マヨネーズの万能っぷりがすごい。

[ねとらぼ]

 マヨネーズといえば、サラダやお好み焼きなどにかける調味料。完成した状態でトッピングとしてかけることが多いものの、実は“料理をしている最中”にも使えるということをご存じですか? 例えば、ハンバーグのタネに適量混ぜると、お肉がふんわり仕上がるそうです。

 大手メーカー・キユーピーは、こういったマヨネーズの使い方を「裏ワザレシピ」として公式サイト上で公開。ハンバーグの他にも、以下のような料理に効果を発揮するといいます。

  • マヨネーズで炒めると、チャーハンがパラパラになる
  • プリン液に混ぜると、なめらかに仕上がる
  • マヨネーズを使うと“油で揚げない揚げ物”が作れる

マヨネーズのちょっと不思議で便利な使い方ばかりを紹介する「裏ワザレシピ


左:チャーハンの使用例、右:プリン。ご飯からスイーツまでジャンルを問わず、マヨネーズが利用できるそうです

 なぜマヨネーズは、肉料理からスイーツ作りにまで利用できる“万能調味料”なのでしょうか。10年以上にわたって研究を行っている同社に話を伺ってみました。

―― マヨネーズを使うことで、料理がおいしく作れるのはなぜですか?

 マヨネーズの原料は植物油や酢、卵などで、まず挙げられるのはそれらの効果です。例えば、チャーハンがパラパラになるのは「卵黄に含まれる『レシチン』の乳化作用によって、卵黄と乳化された植物油がご飯の粒をコーティングしてくれるから」と考えられます。

 調理中に少量入れることで「やわらかく」「ふわっと」仕上がる料理も多いのですが、これにはマヨネーズが乳化した食品であることが影響しています。ハンバーグや厚焼き玉子の場合は、原料を未乳化のまま加えるよりも、乳化させた方が効果が高いことが分かっています。

 特に「加熱すると肉が固くなってしまう」という悩みが、手軽に解決できるのは便利だと思います。


キユーピー「裏技レシピ」より


食材が共通した料理なら、応用が効くのもうれしいところ(Webサイトより)


レシピの幅を広げたい人は「揚げずにえびフライ」のレシピを見るといいかも




油を使わず、短時間で調理する方法が紹介されています。揚げ物って普通に作ろうとすると油の処理も面倒だし、いろいろと難しいんですよねえ……(Webサイトより)

―― なぜキユーピーは、マヨネーズを利用したレシピの研究を行っているのですか?

 「マヨネーズで玉子焼きがふんわりする」「チャーハンがパラパラになる」といった例は、以前から経験的に知られていて、料理サイトなどが増えた1990年後半から2000年代にかけて徐々に知られるようになっていきました。

 それで、弊社のお客さま相談室に「なぜですか?」とお問い合わせいただくこともあり、マヨネーズの会社として科学的に解明してみよう、と研究の取り組みを始めました。公式サイト上に「裏ワザレシピ」として公開しているものについては、2004年から原理を明確にして学会発表を行っています。

―― 今後もマヨネーズの新しい使い方が発見される可能性はありますか?

 弊社にはマヨネーズ調理を研究している研究員がおり、今後も「裏ワザ」や健康に良い食べ方を紹介していく予定です。


 日常的に口にしている身近な食品のためか、気付きにくいかもしれませんが、マヨネーズの使い方はここ数十年のあいだに大きく進化していたようです。キユーピー「裏ワザレシピ」では具体的なレシピに加え、同社研究データまで確認できるようになっているので、料理好きの方は一度目を通してみると勉強になるのでは?


研究内容の一部(厚焼き玉子に関するもの)。「マヨネーズを使うと、何が変わるのか」がグラフを交えつつ、比較的平易な文章で説明されています

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう