ニュース
» 2018年08月06日 21時00分 公開

額縁から飛び出すミツクリザメ、荒ぶるリオレイアのお面――これ全部段ボール? と驚かされる工作たち

お子さん用に作ったポケモンのかぶりものも、ハロウィーンで大活躍。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 Twitterユーザーのオドンガー大佐(@odonger2)さんが生み出した、数々の段ボール工作が素晴らしい。モチーフはミツクリザメや竜、モンハンのモンスターやポケモンなど多岐に渡り、どれもが生命感あふれる仕上がりです。


竜 いまにも天へ昇りそうな竜

ミツクリザメ 額縁から飛び出すミツクリザメ

フシギバナ 触手の躍動感がすごいフシギバナ

リオレイア 作者が息子さん用に作ったリオレイアのかぶりもの


 作者は過去作品をモーメントにまとめています。最初に作ったのは、息子さん用のシャア専用ザクのかぶりものでした。その後もグリーバス将軍(スター・ウォーズ)やメガレックウザなど、さまざまな仮面を製作。ハロウィーンで活躍しているのだそうです。



グリーバス グリーバス将軍。息子さんの喜ぶ様子が仮面越しに分かる

メガレックウザ ゲームフリークの増田順一さんからも賞賛されたメガレックウザ。息子さんの要望で色違いバージョンに仕上げたそうです

グラードンvsコイキング 兄弟そろってグラードンとコイキングに。コイキングは本当は帽子なのだそうですが、すっぽりかぶったせいで食べられているみたいに

 モチーフは想像上のものばかりでなく、リュウキンパグなど、現実の生物も多数。段ボールの折り鶴や、Nintendo Laboを想定してJoy-Conと組み合わせて作ったトノサマバッタなどもあり、技術に感服するばかりです。



パグ 額縁からのぞいてくるパグ。カフェで催された「干支展」の出展作

段ボール折り鶴 堅くて厚い段ボールを、折り紙と同サイズで折り鶴に……!?

トノサマバッタ Nintendo Laboの発表当時に作ったトノサマバッタ。脚部にJoy-Conを仕込んでいる

画像提供:オドンガー大佐(@odonger2)さん


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう