ニュース
» 2018年08月07日 20時00分 公開

誰でもかんたんに「宇宙」を塗れる! コピック公式のさすがのハウツーが話題

コピック欲しくなってきた。

[ねとらぼ]

 絵描きさんにはおなじみのカラーマーカー「コピック」を使った宇宙の塗り方が話題になっています。誰でも宇宙を描く方法を伝授してくれたのはTwitterのコピック公式アカウント(@COPIC_Official)。公式さん、さすがです……!

 使うコピックは、闇っぽさのある青、まあまあ深みのある青、少し色のある青、白っぽく見えるうすめの青の4本、そして白く発光する部分を表現するためのカラーレスブレンダーです。紙はペラペラツルツルした紙よりも、インクの吸収がよくて画用紙のようににじむ紙の方がオススメなのだとか。

こんな宇宙柄がかんたんに描けちゃいます

 コピック公式の例では、BV25、B23、B02、B00、そしてカラーレスブレンダー(あるいは0番)を使用。紙はほどよくにじむ「画学紙」を使っています。まずは一番濃い色のBV25を、あえてムラができるようにぐりぐりと塗ります。さらにそのフチをなぞるように、B23、B02、B00をだんだんと色が薄くなっていくように重ねていきます。ポイントは「少し急ぐ」こと。すぐに重ねた方がにじみがキレイになるのだそうです。

まずは一番濃い部分をぬりぬり
フチをなぞるように重ねていきます(少し急ぎましょう)

 ここまで塗ったら、てるてるぼうずのような形にしたティッシュにカラーレスブレンダーのバリオスインク(もしくはマーカーの0番インク)を少し染み込ませます。そのティッシュでポンポンと抑えることで、色がキレイににじみます。色が抜けすぎてしまったら、またコピックで塗って修正。もうかなり宇宙っぽい……!

カラーレスブレンダーをティッシュに染み込ませて……
宇宙にポンポン。自然なにじみに!

 最後に、コピックオペークホワイトでキラキラッと星を散らせば……ロマンたっぷりの宇宙が完成です! 背景にはもちろん、小物や洋服の塗り、キャラクターの瞳の表現にも活用できそうなテクニックですね。

ホワイトで星を散らせば……完全に宇宙だこれ!

 このコピック活用法は、公式が監修した『24色でできる!はじめてのコピック背景』(マール社)に掲載されているもの。本では宇宙のほかに、さまざまな背景イラストのコツが紹介されています。

画像提供:株式会社Too



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう