ニュース
» 2018年08月07日 13時00分 公開

サイズ感もリアル 「ハブ」柄のマスキングテープがどこに使うか迷うクオリティーの高さ

存在感半端ない。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 奄美大島でグラフィックデザイン事業などを手掛けるアビコムデザイン(鹿児島県奄美市)が、柄もサイズ感もリアルな「ハブ」のマスキングテープを8月2日のハブの日に発売しました。


ハブのマスキングテープ HABU ROCK(ハブ ロック)マスキングテープ 銀ハブ ダイバン

 「HABU ROCK(ハブ ロック)マスキングテープ 銀ハブ ダイバン」は幅40ミリ、長さ10メートルの和紙素材のマスキングテープ。

 ハブのショーや展示を行っている専門店「原ハブ屋奄美」の協力により、奄美大島産の本ハブ革を丁寧になめした「銀ハブ」の柄とサイズ感を忠実に再現しています。


ハブのマスキングテープ マスキングテープ

ハブのマスキングテープ 本ハブ革をなめした「銀ハブ」

ハブのマスキングテープ 毒蛇「ハブ」

 参考価格は1200円(税別)。同社のネットショップと、原ハブ屋奄美の実店舗のみで販売しています。

 同社は「ハブが生息しているからこそ守られてきた」といわれる奄美大島の貴重な動植物について興味や関心を持ってほしいという思いから、2016年に「HABU ROCK」という企画をスタート。これまでに銀ハブ柄のタイツレギンス通常サイズのハブ柄マスキングテープなどを展開してきました。

 今回の「マスキングテープ 銀ハブ ダイバン」は、過去の製品とは比べものにならない存在感。どんな場面で活用されるのか興味深いです。


ハブのマスキングテープ (左)マスキングテープ 銀ハブ ダイバン (右)通常サイズのマスキングテープ

ハブのマスキングテープ 存在感が桁違いです

※ダイバンとは奄美の方言(島口)で「大きい、でかい」という意味



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼ生物部に「いいね!」しよう