ニュース
» 2018年08月07日 18時30分 公開

海岸に漂着したクジラはどうなるの? 博物館漫画『へんなものみっけ!』のクジラのエピソードが無料公開中

勉強になります。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 8月5日、神奈川県鎌倉市の由比ヶ浜海岸で体長10メートルほどのクジラが打ち上げられているのが見つかり、調査の結果、シロナガスクジラの子どもであることがわかりました。このニュースにあわせて、漫画『へんなものみっけ!』(早良朋)の“クジラの漂着や標本づくりの技を描いたエピソード”が特別公開されています。小学館のWeb漫画サイト「ビッグコミック BROS.NET」で無料で閲覧できます。期間限定。

マンガ・へんなものみっけ! 漫画『へんなものみっけ!』から 鯨類は日本だけで年間350頭以上が打ち上げられているとのこと

 同作は、博物館で働くことになった主人公・薄井透(うすいとおる)を通して、人目に付きにくい博物館の“裏側”を紹介していくストーリー(関連記事)。著者の早良朋氏は、国立科学博物館で実際に標本を作っていた経歴の持ち主です。

 今回のエピソードで描かれているのは、3年前に砂浜に埋めたクジラを発掘していく様子。一言で発掘といっても、そこに至るまでには予算や人手などの壁が立ちはだかります。

 漫画では助成金を手にしたメンバーが実際に発掘をスタート。1つ目の骨を見つけたときの気持ちの高まりや、全ての骨を見つけ出すまでの苦労が描かれます。

マンガ・へんなものみっけ! たくさんの人が見守る中で発掘がスタート
マンガ・へんなものみっけ! 掘り出した骨の大きさに驚きます
マンガ・へんなものみっけ! 多くの人の協力が必要です
マンガ・へんなものみっけ! 掘り出してもらえてよかった

 漫画『へんなものみっけ!』は、9月4日〜11月25日に国立科学博物館で開催される企画展「標本づくりの技(ワザ)−職人たちが支える科博−」とのコラボも決定。公式サイトのメインビジュアルや導入に登場します。

 今回鎌倉市の海岸に漂着したのはシロナガスクジラ。国内初の事例ということで、研究のために国立科学博物館の研究施設へ移されました。

(C)早良朋/小学館



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼ生物部に「いいね!」しよう