レビュー
» 2018年08月08日 20時00分 公開

賛否両論「女が女に怒る夜」で輝いた、田中みな実の「1周回って最高の女」感

「かわいい」のプロフェッショナル。

[青柳美帆子,ねとらぼ]

 8月6日夜オンエアのバラエティ番組「女が女に怒る夜」が話題になっています。この番組は2017年から不定期に放送されているもので、「女とは、女が許せない生き物である」をコンセプトに、女性芸能人が“嫌いな女”に物申していくシリーズです。

 第3弾には、いとうあさこさんやオアシズ大久保佳代子さんが出演。司会はくりぃむしちゅー上田晋也さん、ゲストに間宮祥太朗さんと中村倫也さんを迎え、約2時間の“バトル”が展開されました。

 「こんな女が嫌い」がマシンガンのように噴出していく番組への反響は賛否両論。「あるある」「面白い」という声が上がった一方、「女の敵は女というコンセプトがつらい」「『嫌い』と言っている側の方が嫌い」と非難する声も。番組が終了するころには、「女が女に怒る夜」がTwitterのトレンドに入るほどでした。

 そんな番組において、どちらの立場の視聴者の心にも強く残ったのはおそらくフリーアナウンサーの田中みな実さんでしょう。番組側の意図としては、「女に嫌われる女」「女に怒られる女」の代表格ポジションとして呼ばれていた田中さん。田中さんはその番組側の期待に応えつつ、どこまでも“田中みな実”を貫いていました。

「女が女に怒る夜」で輝いていた田中みな実さん(イラスト:黒木貴啓)

「嫌われてる人は何をやってもダメ」だから、SNSをやらない田中みな実

 番組前半では、自身がSNSをやらない理由を暴露。「幸せアピールしても、寂しいアピールしても、リア充アピールしても、何をやっても叩かれるからやっていないんですよ。嫌われてる人は何やってもダメなんですよ」と“嫌われポジション”であることを完全に理解した上の発言です。

 「SNSをやるのがダメじゃなくて、アピールするのがダメ」というツッコミに対して、「SNSはアピールの場じゃないですか」と返答。番組は、「女が嫌うハッシュタグ」という企画があるほど、InstagramなどのSNSに興じる女性への批判が多い構成になっていました。ただでさえ女性のSNS投稿は揶揄(やゆ)されがち。「アピール、別によくない?」と肯定する田中さんに、留飲を下げた視聴者もいたことでしょう。

自分への投資を惜しまない田中みな実

 そんな田中さんにも、「嫌いな女」は存在しています。プレゼンしたのは「“金がかかる女”扱いしてくる女」。「エステどこ行ってる?」「ジムはどこに通っている?」と根掘り葉掘り聞かれたので全てを答えたところ、次に仕事現場で会ったときに「高くて通えないよ〜!」と多くの人の前で話されてしまったのだとか。

 「みんなの前で私『お金かけて頑張ってる人』みたいに言われちゃって……恥ずかしい。(自分への)ご褒美で行っているだけなんです。30超えて、独身で、自分のためにお金を使って何が悪いんですか? 女同士だから教えてあげたのに、わざわざそれを男の人がいる場で言わなくてもいいのに。意地悪だな〜」

 実際、田中さんが通っているクリニックやサロンはかなりお高め。番組内ではガンバレルーヤよしこさんが「以前田中さんに皮膚科を紹介してもらったが、高くて行けなかった」と明かしていました。ただ田中さんがこだわるのは「男の人には(お金をかけていると)思われたくない、夢を壊したくない」というところ。「男の人から見てかわいい自分でありたい」というポイントにおいて、どこまでも徹底しています。

「女性ウケが悪いキャラ」も、貫けば最高の女になる

 嫌いな女の例として挙げられた「お化け屋敷やホラー作品でキャーッと叫ぶ女」「写真を撮る際、人の肩にアゴを乗せる女」などをパーフェクトに実演し、参加者からブーイングを浴びつつも、一切笑顔を崩すことのなかった田中さん。これはもうプロ。“田中みな実”のプロフェッショナルですよ……。

「かわいい女の子はヒジを伸ばして指をさす」という指摘に実演してみせた田中さん。確かにかわいかった……

 いわゆる「ぶりっ子キャラ」や「自分がかわいいことを分かっているキャラ」は、一見すると女性ウケが悪くなるようにも思えますが、貫けばむしろ好感度が上がっていきます。道重さゆみさんしかり、嗣永桃子(ももち)さんしかり、自分のキャラクターを貫く姿は輝いて見えるものです。

 しかも「友達の結婚式で『結婚ってそんなにいいものでもないよ』『仕事を頑張っていてステキだと思う』とやたら気を使われる。結婚は諦めていないし、そんなに気を使ってもらわなくてもいい」とぼやく等身大の姿も見せてくる田中さん。パーフェクトです。

 世の中はやたらと「女の敵は女」と言いたがるものですし、実際に「こんな女がむかつく」というコンテンツは視聴率やページビューを稼げてしまう現実はあります。でもそれってハッピーじゃないのでは? 自分の道を爆走する田中さんを見ると、「女が好きな女」特集が欲しくなってきますね。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう