ニュース
» 2018年08月07日 22時58分 公開

タニタ、靴を脱がなくても測れる体組成計発売 トータル計測時間を大幅短縮

公共施設やイベントで使える?

[ねとらぼ]

 タニタは、靴や靴下を脱ぐことなく計測できる両手間計測体組成計「DC-13C」を発売しました。靴を脱いではだしになることが不要になるため、計測準備から終了までの時間を半分以下に短縮できます。価格は28万5000円(税別)。


体組成計

 一般的な体組成計のように足から電流を流すのではなく、手から電流を流す方式を採用。靴や靴下を脱ぐのがつらい厳冬地での利用の他、計測時間を短縮したことで大人数を効率良く計測できるようになり、公共施設やイベント会場などでの利用に役立ちそうです。

 計測項目は体重、体脂肪率、脂肪量、除脂肪量、筋肉量、筋肉率、体水分量、体水分率、推定骨量、基礎代謝量、内臓脂肪レベル、BMIの12項目。なお、この商品は8時間で2962人の体組成を計測した機器としてギネス世界記録にも申請しているそうです。


体組成計

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう