ニュース
» 2018年08月08日 18時40分 公開

「毒饅頭」が熱海温泉で発売ってどういうこと? → ドクはドクでもドクダミのドクだった

ドクダミには解毒作用があるとされており、むしろ無害。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「熱海温泉 毒饅頭」というおまんじゅうが、伊豆半島合同会社より、熱海の新名物として1500円(税込/4個入り)で発売されました。不穏な名前ですが、もちろん毒など入っておらず、「解毒作用があるとされるドクダミを練り込んだまんじゅう」の意味。むしろ身体に良さそう。


毒饅頭 「毒」のインパクトは強烈ですが、無害です

中身 4個入りで1500円(税込)

ドクダミ 商品名の由来はドクダミの「ドク」です

 兵庫県産無農薬栽培のドクダミを、パウダー状にして生地に配合。鹿児島県と宮崎県産の本葛や、北海道産の小豆など、中身のこしあんも国産材料にこだわって作られています。希少な原料の調達や、ドクダミと生地とあんのバランス調整が難しく、構想から完成まで10年かかったといいます。

 商品は桐の化粧箱入りで提供。大河ドラマ「天地人」やスパコン「京」の題字を手掛けた書道家、武田双雲氏の書が印字された豪華仕様です。


題字 中央に大きく「毒饅頭」

武田双雲 武田双雲氏

 縁起物として、大吉確定のおみくじを封入する心遣いも。日によっては、おみくじは店頭で手渡しされるとのことです。


おみくじ 必ず大吉のおみくじが入っています


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう