ニュース
» 2018年08月11日 19時00分 公開

お肉に見えるけど実はスイカ スイカをくん製にした料理がニューヨークで誕生

どんな味なんだろう。

[ねとらぼ]

 見た目はジューシーなお肉だけど、実はスイカ――ニューヨークのレストランがユニークなメニューを開発しました。

お肉っぽい(動画から)

 開発したのはくん製肉で知られる「ducks eatery」。菜食主義者向けにと、スイカをハムと同じ要領でくん製にした料理を作り出しました。皮を削いだスイカを燻製にし、オリーブオイルで焼くと、見た目はこんがり焼いた塊肉のよう。切ると生肉のような赤い実が見えて、ローストビーフみたいです。作るのに数日かかるのだとか。1つ75ドル(約8300円)で3〜5人分とのこと。

「お肉だよ」って出されたら信じる(動画から)

 気になる味ですが、実食したリポーターは、ハムのようでもフレッシュなスイカのようでもなく、しょっぱくて甘い、火を通したスイカと語っています。「みんな1回は試してみるべき」「こんなの食べたことのない」とコメントしていますが、おいしそうな表情に見えないのが気がかりです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう