コラム
» 2018年08月16日 07時00分 公開

エアコンのイヤな臭い、今すぐできる対処法を教えて!

エアコンの風が臭うメカニズムから対処法、予防法までご紹介。

[くらしのマーケットマガジン,ねとらぼ]

 エアコンが欠かせない暑い季節。でも、エアコンをつけるとカビ臭い!―― 夏場は、エアコンの臭いが大きな問題になります。そこで今回は、臭いの原因と解決方法、予防法を解説。今すぐ何とかしたい人向けの“プチ対策”もご紹介します。



くらしのマーケットマガジン

https://curama.jp/magazine/

ハウスクリーニングやエアコンクリーニング、家事代行、不用品回収まで、暮らしにまつわるさまざまな「こまった」をくらしのマーケットマガジンが1つ1つ丁寧に解決します。


エアコンが臭う理由

 エアコンの風が臭う主な原因は、エアコン内部に発生したカビ菌です。

 冷房運転時のエアコンは、室内の暖かい空気を吸って冷たい空気を吐き出しています。そのため、エアコン内部に結露が発生しやすく、その水分とホコリなどの汚れが結合してカビ菌が繁殖してしまうことがあります。



 温度や湿度が一定に保たれ、かつ空気中のホコリやごみがたまりやすいエアコン内部は、カビの発生条件である「温度」「湿度」「栄養分」がそろっており、カビ菌にとっては非常に住みやすい環境なのです。

 エアコンからの臭いは、送風とともに室内に吐き出されたカビの胞子の臭いです。また、カビ以外にも、キッチンからの油分を含んだ水蒸気、食品の臭いを吸い込むことで臭いがする場合、タバコの煙、汗などが臭いの原因になっている場合もあります。

エアコンのイヤな臭いを解決する方法

 根本的な解決方法は、やはり臭いの元を断つこと。つまり、エアコン内部の徹底洗浄です。特に、臭いの原因がカビの場合、エアコンのフィルターだけでなく、エアコンの奥までカビ菌が繁殖しているため、フィルターの掃除や洗浄スプレーだけでは解決できません。

 エアコンのパネルを開けて、奥まで汚れや黒いカビが見える場合は、専門の業者にエアコンクリーニングを依頼したほうが良いでしょう。

 洗浄スプレーや消臭スプレーなども市販されていますが、エアコン内部に洗浄液が残ると、それが新たな汚れの原因になる、配線に液がついた状態で運転してしまうといったトラブルの可能性が。最悪の場合、発火が起こることも考えられます。

 エアコン内部にはセンサー、モーターといった水気厳禁のパーツがあり、構造も複雑。故障の危険性を考えると、素人の分解作業はおすすめできません。

今すぐなんとかしたい人向けの“プチ対策”

 「エアコンの掃除が必要なのは分かるけど、今すぐには対応できない……」。そんな方は、少しでも臭いを軽減させるための“プチ対策”を試してみてください。ただし、臭いが軽減されても根本的な解決にはならないので、後日必ずエアコンの洗浄をしましょう。

<3つの“プチ対策”>

  • 時間がない人向け:エアコン運転開始後、10分間は窓を開けておく
  • 時間がある人向け:窓を開けたまま、暖房を30℃に設定し1時間運転させる
  • 冷房の設定温度を27℃以下に設定する

 エアコンの運転開始時は、エアコン内部にたまったカビの胞子が一気に吐き出されるため、10分間は窓を開けてエアコンからの風を外に逃しましょう。

 カビ菌は乾燥に弱いのですが、高い温度で1時間ほど暖房運転すれば、カビの胞子を室外に排出しながら、エアコン内部を乾燥させることができます。

 また、気温が低いところでは、臭いの成分が空気中に蒸発しにくくなり、嗅覚に届く臭いが少なくなるため、臭いを感じにくくなります。冷房の設定温度は27℃以下の低めに設定してみると良いでしょう。

エアコンを臭わせない予防法

 エアコン内部を洗浄したら、臭いの予防策として次の4つを実行しましょう。

<4つの予防法>

  • 冷房を止めた後も、1時間送風運転する
  • フィルターは1カ月に一度を目安に掃除する
  • 部屋の臭いを吸い込ませないよう、まめに換気する
  • エアコンを使わない季節も、月に一度を目安に1時間送風運転する


 効果的な予防法は「エアコン内部に水気がたまらないよう乾燥させること」と、「ホコリや汚れががたまらないよう定期的にフィルターを掃除すること」です。

 冷房使用時はエアコン内部が結露するため、冷房を止めるときは1時間ほど送風運転にして、内部を十分に乾燥させてからエアコンを切りましょう。

 ホコリやごみでフィルターが目詰まりすると、その汚れがしけってカビの発生源となるため、定期的にフィルターの掃除も行うようにしてください。また、香りの強い料理やタバコの煙などの臭いがエアコン内部に吸い込まれることで、臭いが発生しているケースもあります。まめに換気して、室内に臭いがこもらないようにしましょう。

 そして、通常の使用でも汚れは日々蓄積していきます。エアコン内部に発生したカビは、送風とともに室内に飛散され、アレルギーや肺炎などの呼吸器疾患を引き起こす可能性があるため、1年に一度はエアコンクリーニングを依頼するのがおすすめです。

くらしのマーケットマガジン

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう