ニュース
» 2018年08月16日 18時10分 公開

人のつながりから感染していく 人間の英知や狂気がどのように広がるかを学ぶゲーム「群衆の英知もしくは狂気」

勉強になります。

[ねとらぼ]

 人と人とのつながりをゲームにした「群衆の英知もしくは狂気」が注目されています。「なぜ群衆は狂気に向かったり賢くなったりするのか」というちょっと固いテーマを、ポップな世界観と簡単なゲームで楽しみながら学べます。


群衆の英知もしくは狂気 (以下、画像は群衆の英知もしくは狂気より)

 画面上に表示されるキャラクター同士を線で結ぶ、もしくは線を切るだけというシンプルな操作で遊べるゲーム。「特定のコミュニティーの中で本当は3分の1が酒豪なのに、全員に『半数が酒豪』と勘違いさせる」や、「1人のボランティア参加者からいかにして多くの人に“ボランティア参加”を感染させるか」といった問題をクリアしていく中で、人間の“英知”や“狂気”がどのように広がっていくかを参考文献を交えながら解説します。


群衆の英知もしくは狂気

群衆の英知もしくは狂気

 最後には「ネットワークにはまってしまっても個人の責務が消えるわけじゃない」「常識に疑いを向け、似たような仲間だけでなく文化的、政治的に分断されているところにも橋をかけよう」とまとめられます。また、自分で例題を作れる実験モードもあります。


群衆の英知もしくは狂気

 もともとは海外で公開され、日本語に訳されたもの。Twitterでは「人間のネットワークの不思議を学べる」「あまりにすばらしい」とのコメントが寄せられています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう