ニュース
» 2018年08月17日 15時45分 公開

おかゆを火にかけたまま忘れて放置しちゃった! → 謎のおいしそうな物体が偶然生まれる

外はパリパリ、中身はしっかりおかゆという、奇跡の料理が誕生。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 おかゆを作ろうと弱火で煮たまま、調理していたことを忘れて放置してしまった、Twitterユーザーのげたさん(@moe_getasan)。あわや大惨事……と思ったら、偶然にもおいしそうな料理ができていたそうです。おやきみたいで確かにいけそう。


おかゆ? こんがりきつね色でおいしそう

 鍋から取り出すと、表面は焦げ目が付いてきつね色。食べてみたところ、外はパリパリながら中身はしっかりおかゆになっていたそうです。焦げすぎない程度に火が入って、鍋肌に触れた面だけが“おこげ”状になったみたいですね。


中身 しょうゆや梅干しなどを足したらきっとおいしい

 「おいしそう」「モナカみたい」「再現不可能な美味?」と、ツイートは話題を呼びました。「作ってみたい」との声に対し、投稿主は調理時の状況を説明。炊いたごはんを煮ているので、正確には“おじや”だったようです。


 煮込みは水から始め、火加減は限界まで弱く。混ぜずに1〜2時間ほど放置していたとのこと。ただ、投稿主本人も「二度と再現できる気がしない」としていますし、挑戦するならば放置せず、安全のためにもじっくり鍋を見張ったほうがよさそうです。


画像提供:げたさん(@moe_getasan

(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう