ニュース
» 2018年08月20日 12時00分 公開

スルガ銀行不正融資事件シリーズ(前編):「数億円規模の持ち逃げ」「スルガ銀行保証の安心感で契約」 第二の“かぼちゃの馬車”、「ガヤルド事件」被害者が語る衝撃契約の実態 (1/3)

前編ではミニアパートのオーナーになるはずだった被害者3人を取材。

[Kikka,ねとらぼ]

 女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」の経営破綻から発覚したスルガ銀行の「サブリース不正融資問題」(関連記事)。ねとらぼ編集部では、ミニアパートのオーナーを勧誘し、数億円の建築資金(融資金)を持ち逃げしているとされる不動産会社「ガヤルド」に着目。被害者、販売会社、ガヤルド社元従業員、スルガ銀行を取材し、第二の“かぼちゃの馬車”ともいえる「ガヤルド事件」を、被害者オーナーの立場から、そして業者側の立場から見てみたいと思います。


スルガ銀行 スルガスキーム 不正融資 ガヤルド スマートデイズ スマートライフ かぼちゃの馬車 ゴールデンゲイン サクト ガヤルドのパンフレットには取引銀行としてスルガ銀行の名前が(情報提供者提供)

スルガスキームはプロの計画倒産詐欺師によって練られたもの……?

 6月27日掲載の記事「『かぼちゃの馬車騒動』スルガ銀行員の“ローン偽装”指示LINEを入手  黒幕は計画倒産詐欺師と銀行か」では、「かぼちゃの馬車事件」が行員や不動産会社の不正に加え、プロの計画倒産詐欺師によって練られた“スルガスキーム”によって発生した詐欺事件ではないかとの疑惑などを取り上げました。


スルガ銀行 スルガスキーム 不正融資 ガヤルド スマートデイズ スマートライフ かぼちゃの馬車 ゴールデンゲイン サクト スルガスキームを簡略に表した図(編集部作成)

 またスマートデイズだけでなく、シェアハウスの建築・管理を行っていたサクトインベストメントパートナーズ、ゴールデンゲイン、アパート経営を勧めていたガヤルドなどでも、スルガ銀行の不正融資が絡むサブリース被害(※)が確認されているという点にも触れ、その後独自取材を続けてきました。

(※)サブリース……物件の所有者がサブリース会社(スマートデイズなど)に一括して物件を借り上げてもらう「転貸」のこと。「かぼちゃの馬車」の場合、「30年間定額の家賃を保証する」とうたっていた他、他のサブリース会社も数十年定額保証をうたっていたところが多い。

 前編となる今回は「ガヤルド事件」の被害者3人に取材。「不動産投資なのに融資名目はペット支払済資金」「全額融資されたのに完成しないアパート」「契約書にサインした宅建士が同席しない契約」など異常な契約実態を聞きました。

スルガ行員のミスでガヤルドが数千万円持ち逃げ……?

 お話を伺ったのは、ガヤルドのミニアパート物件を購入したというオーナー3人。全員がスルガ銀行から融資を受けましたが、建築資金をガヤルドに持ち逃げされたため、手に入ったのは土地だけ。アパートが完成している人はいません。こうした状況に会社員のAさんは「スルガ銀行とガヤルドのせいで人生設計が完全に狂った」と憤りを隠せません。

――契約したのはどんな物件ですか。

Aさん2年ほど前(2016年)に都内の販売会社X社を通じて、東京都大田区のミニアパートを契約しました。内容は約1億3000万円で土地の購入とミニアパートの新築をするというもので、利回りは8.12%でした。


スルガ銀行 スルガスキーム 不正融資 ガヤルド スマートデイズ スマートライフ かぼちゃの馬車 ゴールデンゲイン サクト Aさんが契約した物件

――決め手になったのはやはり高い利回りですか。

Aさんもちろんそれもありますが、一番はスルガ銀行川崎支店のSさんから「スルガがスポンサーしている物件なので安心してください」と言われたことです。銀行が保証しているという安心感で、スルガ銀行からの借り入れを決めました。

――異変に気付いたのはどんなタイミングですか。

Aさん当初は「2017年の4月から5月ごろには建物が完成する」と聞いていたのに、完成時期が近づいたころになってX社の担当者から「予定通りに建築が進んでいない」「完成のめどが全然立たない」との連絡が入ったことです。結局6月ごろに担当者から「あとクロスを貼れば完成です」と聞いて安心していたのですが、実際に見に行ってみると全然そんな状況ではなくて……。


スルガ銀行 スルガスキーム 不正融資 ガヤルド スマートデイズ スマートライフ かぼちゃの馬車 ゴールデンゲイン サクト 2017年6月末ごろAさん自身が撮影したAさんの物件

スルガ銀行 スルガスキーム 不正融資 ガヤルド スマートデイズ スマートライフ かぼちゃの馬車 ゴールデンゲイン サクト 明らかに工事中

スルガ銀行 スルガスキーム 不正融資 ガヤルド スマートデイズ スマートライフ かぼちゃの馬車 ゴールデンゲイン サクト 機材も放置されたまま

スルガ銀行 スルガスキーム 不正融資 ガヤルド スマートデイズ スマートライフ かぼちゃの馬車 ゴールデンゲイン サクト

スルガ銀行 スルガスキーム 不正融資 ガヤルド スマートデイズ スマートライフ かぼちゃの馬車 ゴールデンゲイン サクト

スルガ銀行 スルガスキーム 不正融資 ガヤルド スマートデイズ スマートライフ かぼちゃの馬車 ゴールデンゲイン サクト 配線もむき出し

スルガ銀行 スルガスキーム 不正融資 ガヤルド スマートデイズ スマートライフ かぼちゃの馬車 ゴールデンゲイン サクト

スルガ銀行 スルガスキーム 不正融資 ガヤルド スマートデイズ スマートライフ かぼちゃの馬車 ゴールデンゲイン サクト

スルガ銀行 スルガスキーム 不正融資 ガヤルド スマートデイズ スマートライフ かぼちゃの馬車 ゴールデンゲイン サクト

スルガ銀行 スルガスキーム 不正融資 ガヤルド スマートデイズ スマートライフ かぼちゃの馬車 ゴールデンゲイン サクト

――現場写真を見ると完成には程遠いですよね。

Aさんそれなのにスルガ銀行川崎支店のSさんは、「現地確認をしたうえで建物がほぼ完成した」と全額融資金をガヤルドに支払ったんです。どこをどう見たら完成していると判断したのか理解に苦しみますし、実際に見に行ってみたらもともと渡されていた建築図面とは違う建物が建っていて困惑するばかりです。

――融資金を全額払ったというのはどういうことでしょうか。

Aさん審査が通ったあと、スルガ銀行は建物に関しては一括融資を行わず、着手金・上棟金・完成金といった感じで、段階に応じて融資金を分割して支払っていました。私の場合は、行員が「完成した」と誤った判断をしたことから、建物が完成していないのに全額が融資されてしまった格好です。これは明らかにスルガ銀行のミスだと思います。契約書には、はっきりと建物が完成したか審査した後、承認が降りれば送金。これを怠った場合には契約が無効になると書いてあるのに、この手順を完全に無視しています。

――これについてSさんは何と言っているのでしょうか。

Aさん最初は「建物は完成している」と言い張っていました。でも私が工事の写真を見せたら「これは完成していないですねぇ……」と言って黙り込んでしまって……。こうした問題が起きた原因は、送金日以外の、名目・サイン・金額が書き込まれた書類を銀行員に渡してしまっていたことなんです。基本的にスルガ銀行の行員は「あとはサインだけ」という書類を持ってくるのですが、契約日など日付だけはいつも空白にするよう言われていました。後から考えたら、行員が都合の良いタイミングで融資するためだったのだと思いますが、当時は「銀行のやることだから」と何も不安に思っていませんでした。

――その後建物はどうなっているのでしょうか。

Aさん全く工事が進まず、中途半端な状態で建築がストップしています。1年以上吹きさらしの状態で放置されていますから、完成を目指すなら工事をやり直さないといけないと思います。

――なぜ全額融資を受けられたのに工事が滞っているのでしょう。

Aさん私が受けた融資は土地代金を除いて全額ガヤルドの元に行っているのですが、X社の担当者や工事会社に話を聞いたところ、本来ガヤルドから工事会社に支払われるべき建築代金が支払われていないとのことです。そのため、工事をすることができないのです。分かりやすく言うと、ガヤルドに建物の代金を持ち逃げされたということです

――スルガ銀行への返済状況についてはいかがですか。

Aさん建物完成までの間の元金や利息はもともと、ガヤルドが支払いを行うという契約だったのですが、2017年7月1日にガヤルドの床西紀彦社長から「今月(7月)は支払えない」という「お詫書」が届きました。その書類には金融機関の指導のもと早期解決を図る旨が書かれていましたが、実際にはそれ以降一銭も支払いが行われたことはありません。


スルガ銀行 スルガスキーム 不正融資 ガヤルド スマートデイズ スマートライフ かぼちゃの馬車 ゴールデンゲイン サクト ガヤルドがから7月1日に送られてきた「お詫書」(Aさん提供)

スルガ銀行 スルガスキーム 不正融資 ガヤルド スマートデイズ スマートライフ かぼちゃの馬車 ゴールデンゲイン サクト 7月12日にはガヤルドから「賃貸契約解除に関するお知らせ」というサブリース解除の手紙が届いた(Aさん提供)

――ということはスルガ銀行への支払いが滞ったということですか。

Aさんいいえ、2017年7月分から2018年2月分までは自己資金で立て替えました。1回65万円程度の返済なので、総額約520万円を支払いました。現在は弁護士が介入しているので、意図的に支払いを停止しています。

――今、どのようなことを思われますか。

Aさん今回の物件を含め、複数の不動産投資を行う予定で人生設計を立てていました。それが、スルガ銀行のずさんな融資、責任感のない販売会社X社、そして資金を持ち逃げしたガヤルドのせいで完全に狂ってしまいました。予定していた独立もできなくなりましたし、今回の件の証拠集めなどで会社も休まねばならず、給料も落ち込んでいます。原因を作ったスルガ銀行には怒りしかありません

不動産投資のはずが、スルガ銀行の融資名目は「ペット支払済資金」

 次にお話を聞いたのはシステムエンジニアのBさん。スマートデイズの案件を断った後、販売会社X社の担当者からガヤルドの物件を勧められたと言います。


スルガ銀行 スルガスキーム 不正融資 ガヤルド スマートデイズ スマートライフ かぼちゃの馬車 ゴールデンゲイン サクト フリーローンの名目がおかしい契約書(Bさん提供)

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.