ニュース
» 2018年08月21日 11時45分 公開

これどうやって使うんだ? 北海道のローカル線にある自動改札機が「違和感しかない」と話題に

こんな改札、見たことない。

[haruYasy.,ねとらぼ]

 北海道のローカル線のとある駅に設置されている自動改札機を撮影した写真がTwitter上で「違和感しかない」と話題になっています。

北海道 あさり 朝里 自動改札機 違和感 どうやって使うんだこれ(画像提供:ガミさん)

 話題になっている写真は乗り鉄YouTuberとして活動しているガミ(@mugennotsubasa)さんが自身のTwitterにて公開したもので、ベンチが並んだ休憩所のような場所に設置されている自動改札機を撮影した写真です。

 この不思議な光景が見られるのはJR北海道管轄の函館本線の無人駅「あさり駅(朝里駅)」。一番線改札口に設置されているもので、JR北海道が提供しているICカード「Kitaca」ほか、ICマークのある交通系ICカードに対応しています。

 ガミさんが「東京都民からしたら違和感しかない自動改札」と添えて投稿したところ、ネット上で「なんだこれ?」「どう使うの?」と、初めて見る光景に驚いた人々から注目が集まりました。

 自動改札機をよく見ると、改札機の左右に「降りるとき」「乗るとき」と書かれており、どちらも「IC専用」という表記がされています。ローカル線の無人駅には小型の簡易改札機が設置されていますが、その代替機として活用されているようです。

photo JR北海道函館本線「朝里駅」

 ちなみにガミさんは全国各地の鉄道に乗って旅をする動画を自身のYouTubeチャンネルで公開しています。各地のローカル線を巡る旅動画のほか、足湯が備え付けられた新幹線「とれいゆ つばさ」の乗車レポ動画などがアップされているので、鉄道好きな人はチェックしてみると良いかもしれません。

春山優花里@haruYasy.

おすすめの鉄道ネタあります!

関連キーワード

自動改札機 | 北海道 | JRグループ | Kitaca


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう