ニュース
» 2018年08月22日 12時25分 公開

金足農業の熱気に居酒屋チェーンが“全国で全額無料”にし話題 秋田出身の社長「現地観戦中に決めた」

試算だと売上700万円ほどを振る舞ったそう。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 「金足農業高校を応援してくださった皆様に感謝の気持ちを込めて、本日限定で全額無料にします!」

 秋田に本社を置く全国の居酒屋チェーン「薄利多賣半兵ヱ」が、夏の甲子園における秋田県代表・金足農業の快進撃を受けて異例の大盤振る舞いを実施し、Twitterで「半兵ヱやばいw」「社長のセンス好きすぎる」と話題になっています。決勝が行われた8月21日の一晩限り、全国にある直営店約50店舗の全てにおいて、全額無料を実施したのです。どのお客さんも、いくら飲んでもいくら食べても、タダ。

 企画に至った経緯を、運営企業のドリームリンク(秋田県秋田市)のデザイン販促部担当者に取材しました。

薄利多賣半兵ヱ 金足農業 全額 無料 一夜限りの全額無料を伝えるチラシ(画像提供:@akita_hiromitsuさん)

 「薄利多賣半兵ヱ」は昭和初期の雰囲気をテーマとした炭火串焼チェーン。「エノケンが流れる楽しいお店♪」のキャッチコピーで、東北のみならず九州まで全国60店舗展開しています。


 秋田出身の村上雅彦社長(55歳)が全額無料を実施しようと本部へ打診したのは、金足農業の準優勝が決まった直後の16時過ぎ。普段から熱狂的な高校野球ファンだったわけではありませんが、甲子園で東北の優勝校がまだいない中、秋田県内の中学校出身だけのナインが決勝まで勝ち進んだことにいてもたってもいられず、この日は甲子園球場まで応援に駆け着けていました。

「当初は社内で、もし優勝したら『薄利多賣半兵ヱ』で全品半額キャンペーンをやろうと話をしていたのですが、球場の金足農業を応援する熱気にすごく感動したそうで。大阪桐蔭という圧倒的な強さを誇る強豪校を相手に、秋田出身者だけで戦っている。それを金足農業スタンドだけでなく、他のみなさんも応援してくださっている。きっとこの中には『半兵ヱ』のお客さんもいるだろう……試合が進むにつれて『全額無料にしよう』と心境が変わっていったそうです」(ドリームリンク担当者)

 大阪桐蔭には13対2で敗れましたが、村上社長は全国の直営店で全額無料を実施するよう伝達。店舗側も迅速に対応してくれた結果、「ありがとう!! 金足農業高校 全国の応援してくださった皆様に感謝の気持ちを込めて 直営店全店 本日限定全額無料」と書かれたチラシが、各店に貼り出されました。

 Twitterではチラシの写真が出回り、「半兵ヱ頭おかしい」「もう意味わからなすぎるし社長のセンス好きすぎるし日本に生まれて良かった」「神すぎん?」と驚く人が続出。たまたま来店した人からは「お会計なしと言われて何度も確認してしまった」との声もあがっており、企画の異例さをうかがわせます。

 行った人からは「死ぬほど食べました」「ありがとう金足農業」とその恩恵に感謝する声が。中には「しっかり気持ちとして4人で1万円置いてきました」と、粋なはからいを粋で返したお客さんもいたようです。

 今回のような全額無料企画を行ったのは、東日本大震災のとき以来。「復興支援酒場」と称して仙台と東京に開店した2店舗の売上を全額、宮城・岩手・福島の3県に寄付したそうです。


「ここも、どれだけの売上分を無料にしたかまだ具体的にわかりませんが、普段の売上からしておよそ700万円くらいではないでしょうか。お客さんの反応も秋田県内のお店の一部しか把握していませんが、チラシを見て店舗に駆け着けてくれた方がいっぱいいたようでよかったです。中には満席でお待たせしてしまった方もいたようで申し訳ございませんでした」(ドリームリンク担当者)

 無料のお酒と食事を通し、金足農業の活躍の喜びを分かち合う――売上を犠牲に感動を共有できたという意味で、まさに店名にある“薄利多売”を実行に移したのかもしれません。企業の郷土愛だけでなく、甲子園という一大行事の影響力の高さ、金足農業フィーバーの熱さが感じられる、大盤振る舞いでした。

黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう